プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「今日は何を話す?」

蔵之介:「そうだなあ。今日はおまえがいる世界の話をしようか?」

私:「私のいる世界?3次元の話?」

蔵之介:「ああ、そうだ。3次元で生きるということは、どういうことなのかという話さ。
今おまえは地球に生まれ、人間としてこの世に存在している。けれどおまえの世界は俺たちから見れば、とても中途半端な世界に見える。」

私:「中途半端とは?」

蔵之介:「そうだなあ、俺たちから見れば、すべてがぼんやりした世界、すべてがぼやけているように見えるんだ。
いいかい、俺たちはおまえたち人間の姿として、おまえたちを認識しているわけではないんだよ。俺たちはおまえたちの輝き、おまえたちの魂を見ている。
おまえたちの魂は、分厚い肉体にはばまれ、身体の奥の方にあるんだ。
魂はそれぞれ色を持っている。一人一人違う色を持っている。それは魂が持つ波動によって違う。俺たちはその魂の色を見ている。肉体を見ているわけではなく、魂の色や輝きを見ている。」

私:「どんな色をしているの?」

蔵之介:「人それぞれだよ。人によって顔が違うように、一人一人の魂も同じさ。似たような色でも、微妙に違っている。
大きく何色かの色で分けることは出来るが、細かく見れば、本当に一人ずつ色は違う。
色によって波動の違いがあるが、どの色がいいとか悪いとかいうことではないよ。
よくおまえたちがオーラの色と言っているが、あれはまた違うものだ。

俺たちが見ているのは、おまえたちの魂の本質の色だ。本質の色は隠すことが出来ない。そして魂の輝きも、隠すことは出来ない。
おまえは魂が輝いているから、俺たちからよく見える。魂の輝きも人によって、違いがある。
よく光っている者、ぼんやりとしか分からない者、ところどころ光っている者、全く輝きのない者、輝きの消えた者。本当に千差万別だよ。

俺たち次元の違うところからやってくるものたちは、魂の輝きを見ることが出来る。
そして面白いことに、輝いている者のそばに、同じように輝いている精霊たちがやってきている。
輝きのない者には、同じく輝きのない、いわゆるおまえたちが闇と言っているものが、やってきている。
精霊たちは人間の輝きによって、引き寄せられていると言っていい。

俺たちから見て、まぶしいくらいに輝いている者には、それこそ何十人、いや何百人もの精霊たちがそばにいるのが見える。
その反対に全く輝きのない者には、同じくらいの数の闇が、ひしめき合っている。その姿をおまえたちが見たら、ぞっとするだろうよ。
けれど幸いなことにおまえたちには、それは見えない。

魂の輝きによって、くるものが違うということを、人間はもっと知るべきだと思うよ。
おまえのそばに来ているものたちは、通常の人間としては多いだろう。
俺を始めとして、おまえのそばにやってきている精霊たちは、おまえを何とかサポートしようと、ずっとそばにいるんだよ。
自分たちが役に立つことを、何よりの喜びとしているものばかりだから、先を争うように、お前のサポートに余念がないんだ。」

私:「へえー、そうなんだー。なんだかありがたい話だよね。」

蔵之介:「だから人間は、自分の魂を輝かせることを、もっと真剣に考えた方がいいと思うんだが、おまえはどう思う?」

そう聞かれて、本当にその通りだと思った。
魂の色や輝きは、3次元では目にすることが出来ない。けれど何となく感じることは出来るだろう。
魂の輝きによって、やってくるものが違うということは、以前からわかっていたが、闇がひしめき合うように、一人の人間についている姿は、さすがに見たくないなあと思った。

3次元以外の次元では、魂の色や輝きが丸見えになる。全く隠すことが出来ない世界だ。
その次元に、地球とそこに住んでいる人間は、これから移行しようとしている。
それまでに自分の魂を、もっと輝かせたいと思った。




ランキングに参加しています。共感していただけたら、クリックをお願いします。
スポンサーサイト

copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。