プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
蔵之介:「今日は俺たちがいかにして、おまえたち人間の力となっているのかを、伝えようと思う。俺たち光の側がどうやって人間に影響を与えているのかを伝えよう。」

私:「うん、それ是非聞きたい!お願いします。」

蔵之介:「俺たちは常に人間のそばにいることは、すでに伝えたよな?
一人の人間に光の存在が何体ついているのかは、人間の魂による。
人間によっては数え切れないほどの、光の存在がついている場合もある。
おまの場合がそうだ。おまえは人々を光へ導く役目があるから、それをサポートするために、ものすごい数の光の存在たちがついている。
けれどそれがすべて、常にいるとは限らない。
必要な時に、必要なものが現れ、サポートすることになっている。
その時によって、やってくる光の存在が変化するということだ。

おまえがやっている光の会で、参加者の後ろに光の存在を見るよな?
おまえはそれが守護霊ではないと、伝えている。その通りだ。
光の会をサポートするために、やってきている光の存在が見えるということだ。
光の会を離れるとまた違う光の存在が、サポートするということだ。
おまえたち人間は常に、誰かしら光の存在のサポートを受け、その時の状況によって、光の存在は交代しているということだ。
これは聞きようによっては、なんと贅沢なことだと思うよな?
光の存在たちが交代で、一人の人間をサポートしているんだからな。
見える者が見れば、常に変わる光の存在たちを見て、驚くだろうな。」

私:「う~ん、想像したらすごいことが、私たちの背後で行われているということだよね?私は普段は分からないけど、メッセージを受け取る時には、誰が来ているのかは分かる。それもその時によって、来てくれる人が違うんだよね。
何体もの光の存在たちが、状況によって交代しているだなんて、想像するだけで畏れ多いよ。」

蔵之介:「畏れ多いと感じているのは、おまえならではだな。
おまえは常に、光の存在たちに感謝している。
そして自分の小ささを常に感じ、こんな自分のためにという思いが強いからだ。
たくさんの光の存在たちが、自分のそばに来ていることに気づけば、普通は自分はすごいんだと勘違いするやからが多いが、おまえはそこが違うんだよな。
それで光の存在たちはますます、おまえをサポートしたがるというわけだ。
俺もその中の一人だよ。」

私:「褒めていただいて、ありがとうございます。私の話はいいから、続きをお願い!」

蔵之介:「ああ、そうだった。それで光の存在たちがどうやって、人間をサポートしているかということだが、俺たちはついている人間の未来を知ることが出来る。
ついている人間が将来どのようになるのか、どのようになりたいと思っているのかを知ることが出来る。
そしてその方向に導くことになる。

将来どのようになるのかというのは、生まれる前に決意してきたことを行うことや、今回の使命を果たすことだ。
今回こうしたいと強い決意を持って生まれてきた魂には、それが行えるようサポートしたり、そちらに導いたりする。
そのやり方は光の存在によって違うが、たいていは人間に話しかける。
話しかけて俺たちのことに気づく者もいるが、大半は気づかないままだ。
けれど俺たちが話しかけを続けることにより、何となく感じたり、導きの方に行く方がいいと思うようになる。

想像してみろ、俺たちが常に人間に「おまえはこれを決意して生まれてきた、これを行うのではないのか?」と言い続けている姿を。
はたから見ればこっけいに映るかもしれないが、俺たちは真剣そのものだ。
常におまえたちに本来行うことを語り続け、おまえたちが自分の決めてきた道を歩むことが出来るよう、俺たちは努力している。
それで俺たちが疲れるということは決してない。それが自分たちの喜びだからだ。
おまえたち人間が、自分たちの使命や、やるべきことを思い出してくれたり、俺たちが行って欲しいと思っている方向へ行ってくれることが、何よりうれしい。

そのほかに俺たちは人を介して、俺たちの言葉を伝えることもある。
いわゆるチャネラーやスピリチュアルな感覚を持った人間に、俺たちの言葉をしゃべらせることもある。
その方が人間にとって、直接伝わるからだ。
けれどこれには弊害もあって、俺たちの言葉をそのまま受け取れる人間が、今はとても少なくなっている。
世にいるチャネラー、スピリチュアルな能力を持っている者は、ことごとく闇から狙われ、どんどん闇に取り込まれているのが現状だ。
それはおまえが一番よくわかっているだろう。
人間はすきだらけの生き物だから、油断するとすぐに闇に取り込まれる。
俺たちが信頼していたチャネラーが、ある日突然俺たち以外のものからメッセージを受け取っているのを、何回見ただろうか。
だから俺たちは、チャネラーを選ぶ。
今は本物のチャネラー、俺たち光の側のメッセージを受け取ってくれる者たちが、とても少なくなっている。
まあ、それも時代の流れだな。今は闇と光がどんどん分かれていっているから、それも仕方のないことなのかもしれない。
おっと、またここで脱線してしまった。

話を元に戻すと、俺たちは人間に話しかけたり、チャネラーを利用したりしているということだ。
その他に変わったやり方として、一時的に人間の身体に入り込み、人間をコントロールする。
ただしこれは神から許された時だけだ。
人間が危ない状況に陥った時や、どうしてもそちらへ行かせたくない場合、一時的に人間の身体を借りることもある。

今の時期パワースポットがもてはやされているだろう?
ああいう場所はおまえも書いていたが、人によっては行ってはいけない場所もある。
このブログのコメントにも書いてあったが、そこに行くと何かおかしな感覚になったり、気持ち悪くなったりすることもある。
それも俺たちが送ってくるサインだと思って欲しい。
気持悪くなったり、どう考えてもおかしいと思うのなら、そこには行くなということだ。パワースポットに人が行き過ぎて、そこが穢れ地(けがれち)となった場所もある。
そういう場所に行くと、良くないエネルギーをもらってくるから、行ってはいけない。

最近あったことだが、行ってはいけない場所に行こうとした人間を止めようとして、光の存在が幽霊の姿になり、その者の前に現れたらしい。
人間はもちろん驚き恐れ、あわててそこから退散したということだ。
それくらいの行動に俺たちが出るということは、よほど行かせたくない場所で、ついている人間を守りたいという気持ちからだ。
こんな努力をしながら、俺たちは人間のそばにいるんだ。」

私:「へえ~、それは驚き!なんだか涙ぐましい努力をされているんだね。
それはひとえに光の存在たちの、人間を思う愛から来ているんだろうね~。
私たちは本当に一人一人、心から愛されているんだね。
ありがたい、ありがたい。」

蔵之介:「ああ、そうだ。俺たちは人間を守り、人間が道を踏み外さないよう、導いている。
けれど時には道を踏み外すことが、本人のためになると判断すれば、そうすることもある。
とにかくついている人間にとって、一番良いと思われる方法を、俺たちは取っているということだ。
俺たちが一番多くすることは、人間に話しかけることだ。
だから瞑想を行ったり、心静かに過ごすことをすすめている。
そうすることによって、俺たちの言葉を聞いたり、俺たちの言葉を感覚で受け取ることが出来るからだ。」

私:「なるほど、そうだね。今回もありがとう。」




ランキングに参加しています。共感していただけたら、クリックをお願いします。
スポンサーサイト

copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。