プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「地震後ブログで光を発信したいと思い、メッセージを受け取ったりしているけど、まだ足りない気がしている。
だからこうやってあなたと今日も、会話しようと思っているけれど、これは私のエゴかしら?」

蔵之介:「いや、おまえは純粋に人のために、自分が出来ることをやりたいと願っているだけだ。
それはエゴではない。エゴとは人よりも自分を先に考えることだ。
人のためと言いながら、自分をまず満足させていることがエゴだ。
おまえは違う。おまえはまず人ありきだから、エゴとはかけ離れているさ。」

私:「ほめてくれて、ありがとう。ちょっと照れくさいけど、何か私たちの会話から光や勇気を受け取ってくれれば、そして少しでもその人の学びになればと願っている。」

蔵之介:「ああ、俺ももちろん、それを願っているさ。
特に今はおまえのような者が、ブログを発信して多くの光を届けることが求められている。おまえはそれを敏感に感じ取って、自分が出来ることをやろうと努力している。そうだろ?」

私:「うん、何かしなければと、私の場合それはブログを発信することだから、ブログを書かなければ落ち着かないんだよね。
書かない日は、発信しなくていいんだろうか?とも思ってしまう。」

蔵之介:「まあ、あまり無理をするな。おまえは自分のペースでこれからも書いていけばいい。」

私:「うん、そうだね。あまり思い込むとそれが執着になるから、出来る時に出来る範囲でやるよ!」

蔵之介:「ああ、それでいい。
今日は自分を清らかに保つ方法を教えよう。
人間は本来清らかな存在だ。魂自体が清らかだからね。
清らかさを保ちながらこの世で修行しているのだから、それはそれは大変なことだよ。

今は日本全体が悲しみに沈んでいるから、清らかさを保つことは、いつも以上に難しくなっている。
毎日テレビで被災地や被災した人々を観ると、涙なしには観れない。俺も胸を痛めることが多い。
被災した人々だけでなく、被災しなかった者たちも、被災した人たちと同じ気持ちを味わっている。そんな状態だ。
だから余計清らかさを保つことが、難しくなっている。

悲しみの感情や、怒りの感情などのマイナス感情を抱えると、魂は輝きをなくしてしまう。魂が輝きをなくすと、清らかさも消されてしまう。
今ほとんどの者が、そんな状態に陥ってしまっている。
だからと言って、元気になりましょうということは、かえって逆効果となる。
そんな時は思いっきり泣くか、悲しみにとことん浸ることが、魂を上向きにさせる。
それから上がっていけばいい。

魂の本来の輝きを取り戻し、清らかさを戻すためには、自分を癒すことが必要だ。
人にやってもらうことが出来れば、ヒーリングを受ければいいが、自分でもヒーリングを行うことが出来る。
今日はその方法を伝えよう。

一つは石の力を利用すること。
透明な水晶があれば、それを使う。透明であれば、どのような形をしていてもかまわない。それを自分の身体にあて、なでること。
風呂に入って身を清めてからの方が、効果は高い。
風呂に水晶を持って入り、身体を洗った後、水晶で身体全体をなでること。
風呂に入れない場合は、服の上からでも良い。
水晶が手元にない場合は、手の中に光の玉を作り(テニスボールの大きさ)、それを身体全体にはわせること。
手の中に光の玉があると思い込むことだ。

もう一つの方法は、言葉を使う。清らかになる言葉を使えばいい。
清らかになる言葉は、おまえがいつも唱えている例の4つの言葉だ。
ハワイのホ・オポノ・ポノの4つの言葉、「ありがとう」、「ごめんなさい」、「許してください」、「愛しています」を使う。
この4つの言葉を気づいた時に、唱えればいい。口に出す必要はない。
心の中で念仏を唱えるように言い続ければいい。
ただただ唱えること。何も考えずに念仏のように唱えることだ。

それからこれはあまり教えてはいけないのだが、今回特別に教えようと思う。
今あまりにも多くの者たちが悲しみに沈んでいるから、何とかして光に向いて欲しいと願ってのことだ。
それは5次元の光を受け取ることだ。
これはイメージが大事になるから、よくイメージすること。

自分の目の前に、5次元の扉があるとイメージする。
扉が見えたらそれを開いてみる。すると中からまばゆいばかりの光が、おまえめがけてやってくる。それを受け取るんだ。

イメージする時に、「5次元の扉って、どんな扉だろう?」、「扉を開けるって、どうやればいいんだろう?」という考えは一切いらないからな。
どうやろうと考えるのではなく、浮かんできたイメージをただ見ればいい。
ただ扉を見て、開き、光を受け取る。

それを考えを入れずに、やってみる。やってみれば分かる。
5次元の光を受ければ、おまえたちを覆っているマイナス感情は一気に溶ける。
面白いほどな。」

私:「へえ~、5次元の扉を開くんだ~。面白いね!
私たちが先日明治神宮の夫婦楠で開いた、光の扉のようなんだろうな。
きっとなだれのように、光がやってくるんだろうね。
それから水晶で身体を清めることは、以前天狗さまから教えてもらった。
これは何人かの巫女体質の人に、すでに教えていたよ。
巫女のKさんもやっているけど、とてもいいと言っていたよ。
ホ・オポノ・ポノの4つの言葉は、私も毎日唱えている。
唱えると清らかになるというのは、納得できるよ。これも是非やって欲しい。」

蔵之介:「これだけやれば、清らかさを必ず取り戻すことが出来る。俺が保障するさ。」

私:「5次元の扉を開くことは、人間に教えてはいけないことなの?大丈夫なの?」

蔵之介:「ああ、大丈夫だよ。神も許してくれるだろう。
これは本当に光に生きている者がやればとても効果があるが、そうでない者がやれば、ただ痛みを伴うものになるだけさ。それであまり伝えたくなかったんだ。
本当に光に生きている者しか、5次元の扉を開くことは出来ないからな。」

私:「へえ~、そうなんだ。
では他の方法を試して、最後に5次元の扉を開いた方がいいね。
今日は貴重なことを教えてくれて、ありがとう、蔵之介!」




ランキングに参加しています。共感していただければ、クリックをお願いします。

copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。