プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「蔵之介、何か伝えたいことがあるんでしょ?」

蔵之介:「ああ、おおありだ。おまえが受け取ってくれるのを、首を長~くして待っていた。」

私:「うん、あなたの顔が何度も浮かんできたから・・・ 遅くなってごめんなさい。
早速始めてください。」

蔵之介:「ああ、わかった。早速始めよう。
今日は心をどうやって清らかに保ち、かつ強くしていくかということについて、俺たちからのアドバイスだ。

おまえたちの魂は、元々純粋で清らかなものだ。
おまえたちが人間になる前の魂は、とても清らかなものだ。
けれどひとたび人間の皮をかぶれば、魂は奥底に追いやられ、人間としての感情が先に立ってしまう。
それは人間として生きる上では、仕方のないことだ。けれどそんな中にあって、おまえのように魂を輝かせて生きている者もいる。そしてそれが出来ない者もいる。
その違いは何か?

魂があるということに、気づいていないのも理由のひとつだが、世間の常識や刷り込まれてきた教育に従おうとする心が、本当の魂として生きることを邪魔している。
それが最大の理由だな。世間の常識に、自分を懸命に当てはめようとしている。
人がどう思うのかを気にし、人と同じでなければ不安になるという心は、人間の感情だ。魂はそんなことは思わない、むしろどうでもいいと思っている。

魂はおまえが本当のおまえとして、生きることを、望んでいる。
世間の荒波に飲まれながら、おまえが懸命に本来の魂として生きることを望んでいる。
本来の魂で生きるとうことは、清らかに生きるということにつながる。
では、清らかに生きるとは何ぞや?と思うだろ?

品行方正に、全く悪いことも考えず、人の手本となるような生き方・・・それが清らかな生き方だと思ってはいやしないか?
それも『世間の常識』というやつさ。見事に世間の常識にはめ込まれている。
俺たちが言っている『清らかに生きる』とは、そんなことじゃあない!

俺たちが言っている清らかに生きるとは、おまえの魂が望んでいることに従うことだ。
おまえの魂がやりたいと、願っていることを行うことだ。
『私の魂がやりたいことって何?』と途方にくれるかもしれないが、心を無にし静かに自分と向き合えば必ず分かる。

静かな場所で自分と向き合えば、必ず魂の声が聞こえてくる。
その時に何も聞こえないからといって、焦ってはいけない。
何も聞こえなくても焦らず、ただ静かに自分と向き合えばいい。
それを何度も重ねることによって、魂が望んでいることが分かるようになる。

魂の声が聞こえれば、後はそれに従えばいい。
そうは言ってもまだ理解できない者がいるようだな。
もっと分かりやすく言えば、例えば今悩んでいることがある、どちらにしたらいいのか分からないことがあるとしよう。それを自分の魂に聞いてみればいいんだ。

静かに目をつぶり、どちらにしたらいいのか、どうすればいいのかと自問する。
そうすれば魂の声が聞こえる。
こうしたらいい、こちらにすればいいと何となく感じる、それが魂の声だ。
ハッキリと声が聞こえるんじゃなく(人によってはハッキリと聞こえる者もいるが)、何となくこちらだ、こうだと感じることだ。それが魂の声。

後はそれに従うこと。
でもそれはおかしいとか、いやそうすれば~になるとか思わず、ただ魂の声に従うこと。それらは世間の常識だと思っていい。とりあえず従ってみればいい。
それを繰り返すことで、声を聞かなくても感覚で分かるようになる。



それから心を強くすることに関しては、絶対に『自分はダメだ』と思わないこと。
何をしても自分はダメだ、ついていないと思うことは、心の強さからどんどん遠ざかっている。
心を強くすることは、『自分に自信を持つこと』。その一言につきる。

今の自分を、ありのままの自分を認め受け入れること。
ここがダメだから受け入れられないとか、条件をつけて自分を排除しないことだ。
自分を認められなければ、人も認めることは出来ない。

人間誰しも嫌なところ、目を伏せたいところはある。
ダメなところもあるけれど、それも含めて自分を認めることだ。
どうしようもないけれど、自分は自分。
今のままの自分を受け入れることで、力がみなぎってくるのを感じないか?

俺だって完璧ではない。俺だってまだ修行の身。
時々静香と話をしながら、静香から却下される内容のブログを伝えることだってある。
却下された時は『あ~あ』と思うが、それで自分はダメだと卑下することはない。
それはそれで、また違う話を伝えればいいさと思っている。

ありのままの自分を認め、受け入れることが出来れば、自分に自信を持つことができる。
それが心を強くしていくことになる。
キラキラと輝きたければ、魂の自分として生きることと、自分を認め受け入れることだ。
そんな難しいことでもないだろ?」

私:「うん、実に分かりやすい。
天使たちもいつも『本当の自分として生きなさい』と伝えてくる。
それは魂の声に従いなさいという意味なんだね。
世間の常識にしばられると、自分がなくなっていくのがよく分かるよ。
そうなるとストレスもたまり、なぜか不機嫌になり、とても幸せになんてなれないと思う。

心を強くすることも、私はコンプレックスの塊だったことがあったけど、理想の自分になるまでは自分を受け入れられないと思っていたし、理想の自分にと思うことは、今の自分をないがしろにしていることになると気づいてからは、ありのままの自分を受入れ、コンプレックスがたくさんあるけれど、それはそれでまあいいか!と思えるようになった。
そうなったらとても楽になって、毎日が楽しくなったよ。」

蔵之介:「ああ、おまえは昔コンプレックスの塊だったよなあ。
いつも誰かと何かと比較して自分を低く、低く見ていた。
自分はダメだ、まだまだだと思って、輝きをなくしていた。
でも今のおまえはありのままの自分を受け入れているし、それを楽しんでいる。
だから心も当然強くなるし、どんどん輝いている。
他の者たちにも、おまえのようになって欲しいと心から願っているよ。」

私:「うん、本当にそうだね。
清らかに生きるのは、品行方正に生きることではなく、魂の声に従うこと。
魂は元々清らかであるので、声に従うことで清らかさを取り戻すことが出来る。

心を強くすることは、ありのままの自分を認め、受け入れること。
それが自信につながり、自信を持つことで心は強くなれる。

なんだかとてもスッキリした気がする。いつもながらありがとう、蔵之介!」





ランキングに参加しています。共感していただければ、クリックをお願いします。
スポンサーサイト

copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。