プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「光の存在たちが最近人々に何かを伝えたがっているのを、とても強く感じるの。
様々な存在たちが私にやってきて、ブログに公開して欲しいと願っているのを感じる。」

蔵之介:「光の存在たちは人間に、もう時間がないことを知ってもらいたいみたいだな。
時間がないということが、何を意味しているのか、一人一人にしっかりと認識して欲しいと願っているようだ。
そのためにおまえを通して、メッセージを伝えてきている。」

私:「時間がない=アセンションということだよね?
メッセージは送ってくるけど、アセンションに固執せず、日々を淡々と過ごすことを望んでいるんだよね?」

蔵之介:「ああ、その通りだ。
アセンションが近いからと言って、特別に何かをしなければならないということはない。むしろその逆だ。何もしなくてもいいから、そのままでいることが、どれほど大切なことかを、理解して欲しいと思っている。
それはおまえのブログを読めば分かると思うが。

彼らはおまえを通して、メッセージを伝えてきている。
それはいまだに目覚めていない者たちの、目覚めを促すという役目もある。
メッセージが光となっていると解釈していい。
光というメッセージを読むことで、人々に目覚めのスイッチが入ることになる。
それを彼らは望んでいる。

まだまだこの世には、目覚める予定の者たちが、目覚めていないからな。
それがどれほどの数か、おまえたちには想像もつかないだろうが、それはそれは大変な数だよ。
おまえがこれから目覚めさせなければならない者たちが、まだまだたくさんいるということだ。
そのためにおまえはこの世に残り、最後の一人がアセンションするまで、サポートし続ける。
おまえにはまだまだやることが、たくさんあるということだ。

神事は終了したが、まだ本当のまえの役目が残っている。
そのことがおまえの気持ちを、重くさせていることは事実だよな。
どれだけの者たちを目覚めさせなければならないか、おまえの魂はしっかりと感じているということだよ。」

私:「うん、その通りだよ。
今日は何となく気が重かったのは、そのせいなんだね。
今後のことを魂が察知して、ゴールが見えないことを感じ取ったんだろうね。
いったいいつまで役目をやればいいのかは、今の状態では全く分からないもの。
神事が終わっても、一息つけない感じだし。
まだまだゴールは見えないし、ずっと先にあるのも分かっている。」

蔵之介:「ああ、おまえの気持ちはよく分かるさ。これからが本番だからな。
これからがおまえの本領発揮というところだ。
まあ、おまえのペースでやっていけばいい。気負わず、淡々とだ。」

私:「はい、そのことは肝に銘じているよ。
これからもやり続けなければならない。
それをやるためにこの世に生まれてきたんだし、もういいと言われるまで精一杯やろうと思っているから。」

蔵之介:「ああ、その調子だ。少しは気が晴れたか?」

私:「うん、そうだね。気持ちが軽くなったよ。
なぜ気が重かったのか分からなかったから、蔵之介に言われて気づくことが出来た。
今は魂が喜んでいるのが分かる。どうもありがとう。」

蔵之介:「それは良かった!俺も嬉しいよ。
おまえはいつも人のことばかり見えるから、自分に関しては分からないことも多いからな。
今日もあることに対しておまえの守護存在から、自分で判断しろと言われていただろ?
今後はおまえが自分で、答えを出さなければならないことが多くなる。
それも修行の一環だ。
おまえを鍛えるためだよ。そのことも理解しているだろ?」

私:「うん、分かっているよ。
今後はもっと強さが求められるから、鍛えられるのは当然だと思っている。
神事でもこれでもかと鍛えられたけど、まだまだだと思っている。」

蔵之介:「そうか、それだけ分かっていれば大丈夫だな。
今日はこのくらいにしよう。
おまえは自分の話ばかりでいやだと思うかもしれないが、人々にとってはおまえの話からも学ぶことは十分に出来る。」

私:「ホント、私の話ばかりになって申し訳ないけど、今日はこの辺でもう寝ます。
ありがとう、蔵之介!」





ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
スポンサーサイト

copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。