プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「最近とても眠くて、時間があれば寝ているんだ。寝て何かしているような気がしてるけど、どうなんだろう?」

蔵之介:「おまえを寝かせることによって、異次元でおまえを必要としているんだろう。
3次元の肉体は寝かせておいて、魂を抜けさせ異次元に行かせることで、与えられた役目があるということだ。寝ていてもおまえは働いているということだな。」

私:「うん、いくら寝ても夜は必ず寝られるから。いったい異次元で私は何を行っているんだろう?」

蔵之介:「それは 教えてはいけないことになっている。おまえが何をしているのかは、この世では秘密ということだ。」

私:「なるほど、秘密ね。知る必要はないということだよね。了解!」

蔵之介:「それはそうと、光の会の参加者が、以前に比べて増えているようだな。」

私:「うん、ありがたいことに、初めての人が増えているよ。
それから参加した人たちから、いろんな変化があり、また参加したいというメールをたくさんもらっている。
今朝も参加希望の人たちのメールを読んでいたら、彼らの純粋な思いに涙が出た。
光の会は定員が決まっているけど、出来ることなら参加希望全ての人に、体験して欲しいと心から思うよ。」

蔵之介:「ああ、そうだな。俺たちもそう願っているさ。
光の会で体験したことは、一つのスイッチ、目覚めのスイッチだと言っていい。
そこで様々な体験をして、大いなる光を受け取れば、必ず光へと導かれる。
ただし参加者が、光に沿った生き方をしていなければダメだ。

参加して光どころか闇に入る者もいる。
それは人間特有のエゴやもっと光を分け与えたいという傲慢さから、あっという間に闇に入られる。
それだけ大きな光を、受け取ったということだ。おまえがいつも釘をさしている点だ。

光を受け取ったら、まずそれを自分の中で循環させること。
自分の中を光で一杯にし、それから人に分け与えればいい。
自分の中で光が循環していないのに、人に与えようと思う心が、すでに傲慢なんだ。

光を受け取ると、謙虚さに磨きがかかる者と、傲慢さに拍車がかかる者とに見事に別れる。受け取った光をどうするかで、後の生活が一変するんだ。
それほどの光を、受け取っているという自覚が必要だな。
ここは大事なポイントだぞ。
ただ何気なく読むのではなく、何回も繰り返し読んで欲しい。

俺たちは傲慢になれなどとは、一言も言っていない。
その逆だ。謙虚になれ、謙虚にならなければ光を受け取っても、意味がなくなる。
謙虚に生きる者には、更なる光が与えられ、多くの気づきをもたらされる。
人間謙虚さを失ったら、おしまいだ。」

私:「うん、本当にその通りだよね。
最近私は傲慢さをこれでもかというほど見せられ、それを手放せない人をずっと見てきた。なぜ人間はこうも傲慢になれるのかと、つくづく悲しくなったよ。
自分はすごいんだ、人とは違うんだ、人よりも自分の方が優れているなんていう思いをどうして持てるのだろうと思うけど、それが人間なのかもしれないと思った。
そこに闇が喜んでやってくること、闇は人間のエゴや傲慢さを知り尽くしていることを、これでもかと見せられたよ。」

蔵之介:「そうか、おまえもいろいろと苦労がたえないな。
でもおまえの場合は、それらがすべて自分のことだと思うことが出来る。
そんな感情を持つしか出来ないことも、十分に理解できている。
なぜならおまえはそれを学ぶために、何度も生まれ変わりを体験しているからだ。
おまえが過去に通ってきた道だから、よく理解できるんだ。
人は自分が体験しないことを、本当に理解することは出来ない。
人間とはそういう生き物だ。だから何度も転生し、いろんな人生を体験するんだ。」

私:「うん、そうだと思う。エゴや傲慢さも過去に私が持っていたものだと、感じている。もしかすると私は人より、生まれ変わりの回数が多いのかもしれないね。
自分が時々、仙人のようだと思う時もある。」

蔵之介:「ハ、ハ、ハ、仙人か!それは当たっているかもしれないな。

大いなる神が一番好むことは、「素直なこと、清らかなこと、謙虚なこと」だ。
この3点を満たしていれば、神は喜んで救いの手を差し伸べてくださる。
それは神と一緒だからだ。神もこの3点を供えていらっしゃるからな。
人間が目標とすべきは、これだと思うよ。

金持ちになるとか、有名になるとかではなく、素直、清らか、謙虚を目指す。
これは3次元においては、非常に難しい。
なぜならこの世は、それとは正反対の世界だからだ。
誰にも分からなければズルをしてもいい、人を押しのけてでもどんな手段を使っても、自分を優先する世界だからだ。
その中で素直さを持ち、清らかであり続け、謙虚さを忘れずにいることは、とてもとても難しい。

でもそれを身につければ、世界は全く違って見える。
自分だけ軽がるとし、周りが光って見えるようになる。
自分だけ別世界にいるようになる。それを目指して欲しいと、俺たちは心から願っている。」

私:「素直で清らか、そして謙虚さを持っているというのは、光の存在と同じなんだよね?光の存在たちがまさに、それらを身につけている。
だから3点を身につけることができれば、彼らと簡単にコンタクトを取ることができ、彼らのサポートを、存分に受け取ることができる。

自分勝手で頑固で、エゴや傲慢さを持っていて、光の存在からサポートを得ようとしても、彼らと感応しないから、無理なのかもしれないね。
反対にそれらに感応する闇が、喜んでやってくる。
光の存在との接点がないから、いくら願ってもまず自分の心を、性格を変えない限りは、サポートなんてやってこない。」

蔵之介:「その通りだ。光を受け取るためには、それなりの条件が必要なんだ。
だけどこうやって書けば、自分にはその条件がないと卑下する者が、必ず現れる。
自分は光を受け取ることができない、そんな資格はないと思う奴が。
そういう考えもエゴなんだということに、気づいて欲しい。
それは素直ではないということだ。

もっと曇のない心、思い込みのない心で、自分を見つめることだ。
素直さと清らかさは連動している。
心を真っ白にすることが清らかになるということ、そしてそれを持続させるのが素直さということだ。
真っ白な心の自分を信じ、常に白くあり続けること。」

私:「人はみな真っ白な心を持っている。そこに戻ればいいんだよね。
余計なものはいらない。エゴや傲慢さというのは、余計なもの。
それをすべて取り除けば、真っ白な心が出てくる。
清らかさ、素直さを取り戻すことが出来れば、謙虚さは自然についてくる。そうだよね?」

蔵之介:「ああ、その通りだ。」

私:「ありがとう、蔵之介!」





ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。