プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「前回のブログで、謙虚さについて教えて欲しいとリクエストが入ってるよ。
謙虚になろうと思うと、自分を卑下してしまうので、何が謙虚なのかということを、教えて欲しいということだよ。」

蔵之介:「そうか、謙虚さについてか。
謙虚さをへりくだると、勘違いしている者が多いと思う。

謙虚さとは一言でいえば、『本当の自分を知っている』ということさ。
本当の自分、自分の力や技量、出来る範囲を知っていれば、当然謙虚になるということだ。

人はどうしても人に対して、見栄を張ってしまう。
自分のことを少しでも良く見せたいという欲望が、誰にでもある。
自分をもっと知って欲しいと願い、それなら良い自分を見せたいと願うからな。
見栄を張ると気分がいいのは、その時だけだ。
その後は後悔し、見栄より劣る自分に卑下する。

本当の自分を知っていれば、見栄を張ることもないし、自然体でいられるということだ。謙虚さとは自然体と言ってもいい。
本当の自分の実力を知っていれば、いつでも自然体でいられ、それが謙虚さにつながることになる。」

私:「なるほど・・・。本当の自分を知っているということか~。
そうだね、私の場合を例にあげれば、本当の自分は全く霊能力なんて持っていない、霊能力は天からやってくるもので、私が持っているものではなく、私には全くないとわかっているから、道具になるしかないと思えるんだよね。
見栄を張るということも無意味だと思っているし、本当の自分を見てもらうことが、一番いいと思っている。」

蔵之介:「ああ、だからおまえのことを、勝手にイメージで作り上げた者たちを見ると、おまえの方が面食らっているよな?
おまえは本当のおまえを知っているから、そこら辺にいるちょっと変わったおばさんだと思っている。
作られたイメージで行こうとすれば、必ず無理が生じるし、おまえがおまえでなくなってしまうからな。

謙虚な者ほど、自分のことを語らない。
そんなことしなくても、自分は自分だということが分かっているからだ。
けれど多くの者たちは、自分を良く見せたいがために、多くを語る。
自分がどれほどすごいのか、自分がどれほどのことを、やってのけたのかということを語りたがる。」

私:「うん、そうだね。自分がどれほどすごいのかという話を聞かされても、私は『それが何?』と思ってしまう。
多くを語らない人は語らなくても、雰囲気で分かったりする。
その人のすごさがオーラなんかを通して、かもし出されているんだよね。」

蔵之介:「ああ、そうだ。謙虚な者ほど、己を知っている。
己を知らない奴ほど、ムダに吠えたがる。
己を知っていれば、卑下することもなく、自慢する必要もなくなる。
ただそこにいるだけだ。謙虚さとはそういうものだ。」

私:「うん、なるほど!どうもありがとう、蔵之介!」





ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
スポンサーサイト

copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。