プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「前回のブログで、『余計なことをするな』ということについて、何件かの問合せがあったんだ。
これは余計なことでしょうか?あれは余計なことになるのでしょうか?とかえって皆さんを不安にさせたようで、ここはもう少し詳しく伝えた方がいいと思うんだけど。」

蔵之介:「ああ、そうだな。余計なことをするなと言われ、自分が今やっていることが余計なことなのか、それともやっていいことなのか、不安に思っているやつらがたくさんいるのを、俺も感じ取っている。

だけどな、おまえのブログを読んでいる者たちは、『余計なこと』が何であるのかは、よおく理解していると思うが、どうだ?
おまえがこれまで書いてきたブログに、その答えがあるのに、そのことを忘れたのか、ただ読んだだけで心に刻んでいないのか、すぐに不安になりおまえに助けを求めてくる。
そんなやつらには、おまえのブログをもっと読み込み、しっかりと受け取れ!と言いたくなるが・・・」

私:「確かにそう言われればそうだけど。
人間はすぐに忘れてしまう動物だから、仕方のないことなのかもしれないね。
ブログをいくら読んでいますと言っても、そのすべてが心に刻まれているわけではないから。1回読んだだけでは、心に深く入ってこないんだと思う。

これまで何度も天使たちが伝えてきたことが答えなのに、それが分からない人たちがこんなにたくさんいることが、私にとっては正直ショックだよね。
でもそれも人間のサガだから、仕方ないと思う。
こういうことは繰り返し繰り返し、伝えなければならないんだと思うし。」

蔵之介:「ああ、そうだな。繰り返し伝えるか・・・。
人間の浅はかな部分が、見事に露呈しているな。
それでも俺たちはあきらめず、おまえの言うとおり、繰り返し伝えていくしかないんだろう。
2人で嘆いていても始まらない!
ではじっくりと、余計なこととは何かをお伝えしよう。


俺たち光の側が人間に望んでいることはただ一つ、そのままのおまえたちでいることだ。
それだけが、俺たちの望みなんだ。
そこで余計なことはするなと伝えたのだが、その意味は、おまえたちの出来る範囲を超えずにということだ。
出来る範囲を超えてまでやることが、余計なことになるということだ。
出来る範囲を超えるということは、必ずストレスが生じ、無理して行うようになる。そうなるとヤミーが喜んでやってくるということだ。
自分の出来る範囲で、喜びを持って行うことが出来れば、それは余計なことではなく、大いにやってもらいたいことだ。

どうも新たに何かを行うことが、余計なことと思っている者たちが多い。
そうではなく新たにやること、やりたいと思っていることが、自分の出来る範囲を超えなければいいんだ。
余計なことをするなというのは、全く何もせずに、家でじっとしていろということではない。
そう思っている者たちがたくさんいると思うが、よく考えてみろ!
そんなことを俺たちが望んでいると思うか?
ただ家に引きこもり、何もせずにじっとしている者たちを見て、俺たちが喜ぶと思っているのか?
そんなことを俺たちは、全く望んでいない。

おまえたちが心から喜び、心からやりたいと願っていることを、自分の出来る範囲を超えずに行うことを、俺たちは求めている。そういう意味だ。
こう言ってもまだ分からないやつらがいると思うが、たとえばおまえが何かやりたい、あるいは何かやっているとしよう。
それはおまえが心からやりたいと思っていることなのか、それをやることによっておまえの魂が喜ぶことなのかを考えてみればいい。
答えがYESならば、それを行う。
けれどそこで自分の出来る範囲を超えないことが、一番大切だ。

やりたいこと、やっていることがストレスになったり、無理をしていると感じれば、それをやめるか、やっていることを縮小するかだ。
自分に負担のかからない範囲で、やりたいことを行う。
それが俺たちが求めいてることだ。

無理をしたり負担になったりすることが、俺たちが言う「余計なこと」だ。
おまえたちが心からやりたいということが、負担にならない程度に行なうこと。
「やり過ぎない」ということだ。
いくらやりたいから、無理をしていないと言っても、周りとの調和を保たなければならない。
家族をほったらかしにしておこなったり、周りが引くようなことは、「余計なこと」につながる。
いくら自分がやりたいからと言って、相手が求めてないことをおこなうことも、「余計なこと」につながる。
大切なのは、周りとの調和をはかりながら、自分のやりたいこと、自分の出来る範囲のことをおこなうことだ。

いいか、何度も言うが、俺たちがおまえたちに望んでいることは、そのままのおまえだ。
何をしてもいいが、それは「自分の出来る範囲」でおこなえるもの、そして周りと「調和」するものを求めている。
これだけ言えば、わかってくれるだろうか?」

私:「うん、大丈夫だと思う。
天使たちもずっと以前から、「自分の出来る範囲で」を繰り返し伝えてきた。そして「調和」が何より大切だということも。
調和の中でおこなうことは、無理は生じないし、負担にもならない。ただ喜びがあるのみだものね。
これは余計なことかな?と思った時は、先にそれが周りと調和することなのかを考えれば、分かりやすいと思うよ。調和するのなら、やってもいいということだよね。」

蔵之介:「ああ、そうだな。まずは調和かもしれない。すべては調和の中に存在するからな。調和すればすべては良い方向へ行く。
自分や周りが調和していれば、余計なことはしなくても済む。いや、余計なことなどなくなるさ。」

私:「すべては調和の中にか~・・・。いい言葉だね。

『余計なこと』は、あなたが苦しむこと、イヤだと思うこと、ストレスに感じること、負担になること等、マイナスに片寄ること。そう思えば分かりやすいかもね。」

蔵之介:「ああ、そうだな。極端に言えばそういうことだ。
自分の魂が望まないことをやらないこと、そして望んでいたとしても、やりすぎて負担にしないこと。
それさえ守れば、『余計なこと』にはならない。」

私:「ありがとう、蔵之介!」






ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。