プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
蔵之介:「おまえはこれまでたくさんの人間に会い、光を分け与えてきた。
そのことを神が大変よろこばれ、おまえに神のエネルギーを見せると言っている。
そのことはさきほど、メッセージとして受け取ったよな?
でもおまえはそれを、ブログに書くことを躊躇している。
ブログに書くことでそれがエゴになりはしないか、書かない方がいいのではないかと思っている。

けれどな、神はおまえを通して、おまえとつながっている者たちに、神のエネルギーを分け与えると伝えてきた。
神のエネルギーといっても、人間は直接受け取ることは出来ないから、媒体者を通してということになる。
神とおまえたちとは次元が違いすぎて、直接話をしたりエネルギーを受け取ることは不可能だ。

神はおまえだけにエネルギーを分け与えるのではなく、おまえとつながっている者すべてに、分け与えると言っている。
しかもそれが今日、行われると言われている。
だから意識して受け取った方が、より多くのエネルギーを受け取ることが出来るんだ。
これを伝えずに、どうするんだ?」

私:「うん、そうだよね。
私が自分のブログに、そのことを書くことを躊躇しただけなんだ。それもエゴになるんだろうね。
だから蔵之介の口からそれを伝えてもらうことで、私としてはより詳しく伝えることが出来ると思っているから、本当に良かった。」

蔵之介:「ああ、おまえは自分について書くことを、極端に嫌がるからな。
おまえの働きに神が感謝し、それを形にして届けたいということだけなのにな。

神のエネルギーは通常、受け取ることは出来ない。
なぜなら神が特定の者に対して、エネルギーを分け与えることはしないからだ。
でも今回はおまえの今までの長い期間の働きに、神が心から感謝したいと願ったからだ。
だからおまえとつながっている者たちに、神のエネルギーを分け与えたいということだ。

ただしこれには条件がある。誰でも彼でもエネルギーを分け与えることは出来ない。
おまえに出会い、光に導かれた者、おまえのブログを読み、光の道を実践している者、おまえに心から感謝している者に限られる。それは当然だよな。
おまえのブログを読んでいても、ただの読み物としてしか興味なく、光に生きることを何も実践していない者には、おまえとつながることが出来ないという意味で、受け取ることはできない。
おまえのブログを真摯に読み、光に生きる道を悩みながらも実践している者、あるいは光の会に参加し光を受け取った者、おまえのブログや生き方に共感し、おまえに心から感謝している者だけだ。

神のエネルギーは今日中に、それらの者に送られる。
自分は受け取れると思うのなら、しっかりと意識して受け取ればいい。
そうすればよりいっそう、光に生きることが出来るようになる。
それを実感できるということさ。」

私:「そうなれば、本当にありがたいね。
エネルギーを受け取ることで、よりいっそう光に生きることが出来る、たぶん光に生きることがより楽になるんじゃないかと思うけど?」

蔵之介:「ああ、その通りだ。
今日中といってもすでに午後になっているが、受け取れる者たちは、必ず今日中に受け取ることができるようになっている。
だから安心して受け取って欲しい。」

私:「多くの人が神のエネルギーを受け取り、より輝くことが出来れば、私も本当に嬉しい。それが私にとって、何よりのプレゼントだよ。
私がよろこぶことを、神さまはちゃんと知っているということだよね。
神さまはちゃんと、見ていてくれたということだよね。ありがたいなあ~。

エネルギーを受け取るには、『神からのエネルギーを受け取ります』と宣言すればいいの?」

蔵之介:「ああ、そうだ。ただ自分に宣言すればいい。
そうすればすぐに流れていく。簡単だろ?」

私:「うん、簡単だね。

今試しにやってみたら、ものすごい勢いのエネルギーが頭に注がれ、感動で涙が出そうになった。それに身体が熱くなってきた。
一度受け取ると、ずっと注がれているような気がする。」

蔵之介:「ああ、一度受け取れば、それは永遠に続く。それが神のエネルギーなのさ。」

私:「すごい!こんな素晴しいエネルギー、本当に多くの人に受け取って欲しいと思う。
神さま、ありがとうございます。」





ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
スポンサーサイト

copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。