プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「蔵之介、ずいぶんご無沙汰してしまって、ごめんなさい!」

蔵之介:「ああ、俺はいっこうにかまわない。だけどおまえの読者は、ずっと待ち続けているからな。そろそろだろうと思っていたが、今日はちゃんと話をしよう。」

私:「うん、本当にごめん。これまで何度もこうやって話は書いていたんだけど、いつも中途半端になってしまって、ブログアップしていなかったから。
今日こそはちゃんと最後まで書こうと思ってる。よろしくお願いします。」

蔵之介:「ああ、そうだな。おまえはやっと一段落ついた感じだ。
富士山神事に思いが集中して、他のことは二の次になっていたからな。
しかも今回は5人も連れて行くことで、おまえの責任感はこれまで以上に強かった。
見えないところで、緊張もしていただろうし、5人のことを見ながら神事を行うことは、おまえにとってエネルギーを使ったはずだ。
でもおまえはこれまでと変わらず、いつものおまえらしく存在していた。」

私:「どうもありがとう。
5人の強い魂のおかげで、無事に神事を行うことが出来た。
今日仲間の一人が富士山ライブカメラというのを教えてくれて、それで今の富士山を見たら、とても調和していて、目頭が熱くなった。
よかったと心から思えたよ。」

蔵之介:「ああ、俺も同じ思いだよ。
富士山は見事に調和している。
これでおまえたちが間違いなく神事を行ったことが、証明された。
後は時を待つばかりだ。

さて、今日は今後の心がまえを話そうと思う。
今後富士山が開き、これまでにないエネルギーが出てくるようになる。
その時にあわてず騒がず、淡々といられるよう、俺からのアドバイスだ。

一番伝えたいことは、今までと変わらず淡々とするということだ。
生きていると日々様々な出来事がある。その一つ一つに一喜一憂するのではなく、すべてを受け入れる覚悟を持つこと。
すべては自分にとって必要なことで、ベストなタイミングでやってきていると思うこと。

でもそれが強くなりすぎれば、この出来事は何の意味があるのだろう?これは私にとって、どうすればいいのだろう?と考えに走ることになる。
そうなるとそれに固執することになり、執着となる。

一つ一つの出来事に意味を見出すことは必要だが、必要以上に意味を見出さなくていい。
要するに、ほどほどにということだ。中庸と言う言葉があるだろ?
常にほどほどにするということだ。

これはどうなんだろう?これは何か意味があるはずだ。このことは自分にとって、何を伝えようとしているのだろう?と激しく思わないこと。
ちょっと思って分からなければ、そのままにしておけばいい。
そして『いずれ分かる時が来る』と思えばいい。

そうではなく、何がなんでも起きたことの意味を知ろうと必死になればなるほど、『淡々と』から離れていき、執着の世界へ直行してしまう。
そして考えれば考えるほど分からなくなり、そればかり気になり、人生を楽しむことを忘れてしまう。
それは全く俺たちが求めていない生き方だ。
それは物事に固執し、執着し、考えで堂々巡りをしてしまう、重たい重たい生き方になる。
それを知らない者たちが、多いよな。

すべてのことは意味があるという言葉に囚われて、何でもかんでも意味を見出そうと必死になる。
意味なんて、後から分かることの方が多いのに、今必死で求めようとする。
分からなければ分からないでいいんだ。そのうち分かるんだから。
もっと楽に生きればいい。必死になる必要はない。

なぜこんな話をしたかというと、今後意味が分からない出来事が、たくさんやってくるかもしれないからだ。
そこに必死になって、意味を探そうとすれば、必ず執着へと導かれる。
一つ一つのことに執着すれば、軽さなんてやってこない。
意味が分からないことがあったとしても、いずれ分かると思い、それを手放す方が、軽々と生きることが出来る。
一旦手放し、それが後から分かることの方が、その間別な生き方が出来るわけだろ?
その方がどれほど、精神的にいいか分からない。
出来事に囚われるな、ということを俺たちは伝えたい。」

私:「なるほど。よく分かるよ。
私も何かビジョンを見せられ、意味が分からなかった時、それは何を意味しているんだろうと、懸命に分かろうとした時があった。
でも分かろうとすればするほど、訳が分かららくなって、頭の中が考えで堂々巡りをしていた。
それにある時ハッと気づき、もうわからなくても、いいや!と思ったんだ。
そしたら忘れた頃に意味が分かった。
だから無理に意味を分からなくてもいいことが、その時の経験で学んだんだよね。
だから今は意味が分からなくても『いずれ分かる』と思って、執着しないようにしている。」

蔵之介:「ああ、その通りだ。その時に分からなくても、いずれ必ず分かる時が来る。
そう信じて分からなければ、分からないままにしておくことが、一番早く答えを導くカギなんだ。
分かろうとすればするほど、それに執着してしまうことになり、変なエネルギーを受け取ることもあるからな。
だから今後意味の分からないことに遭遇しても、いずれ分かると思って欲しい。
答えは必ず分かる時が来る。」

私:「うん、よく分かったよ。
意味の分からないことには執着せずに、一旦手放す。
そうすれば必ず分かる時が、やってくるんだよね。
『手放せば、いずれ浮上する。』これも法則だよね。
ありがとう!蔵之介。」




ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
スポンサーサイト

copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。