プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
蔵之介:「おまえは最近ブログを書こうと思っては、やめている姿が見える。自分に起きている変化を把握するのに精一杯という感じだな?」

私:「うん、その通りだよ!。このところ自分の変化が著しくて、それをブログに書こうかと思っているけど、なかなか文章にできなくて、いつのまにか日にちが経ってしまった感じかな。」

蔵之介:「おまえは自分の次元が上がったことを知らされ、そのことをすぐには信じられず、けれど周りの現象からそれを見せられ、戸惑っている。
自分がやっているとは思えないけれど、現象としてそのことを見せられ、謙虚に受け止めているのが分かるよ。」

私:「以前の私からしたら、ありえないことばかりで、そんなに自分が成長したのかと思うほど、めまぐるしくビジョンや現象として見せられてきたから、戸惑いという言葉がぴったりかもしれない。」

蔵之介:「そうだな。おまえの行く場所、行く場所に、天から光が降り注がれ、それが人々に浸透していく姿は圧巻だからな。
おまえがいることで、天から光が注がれてくる。それを何度も見せられているが、おまえはいまだに自分がいるからかどうか、戸惑っている。」

私:「だってそうでしょう?これまでそんなこと起きなかったのに、何らかの気配を感じてビジョンを見ると、たくさんの光が人々に向かって注がれているんだから。
普段注がれている光とは、違うということも分かるし。
自分がここにいるからという感じがとても強くて、まるで自分が巫女のように、天からの光を導いている感じがするんだよ。
そんなこと畏れ多くて、とても人には言えないよ!って、ここで言ってしまってるけど・・・」

蔵之介:「ははは、そうだよな。おまえがその場にいることで、強力な光が降り注がれているなんて、人に言ったとしても、気のせいだと言われ、笑われるだけだからな。
けれどおまえはそれが本当に起きていることを感じ、実感している。それだけおまえの波動が上がったということだ。

そしてそれはおまえという3次元にいる人間の存在があって、初めて成り立つということも、おまえは気づいている。
特にこの世でうごめいている闇に対しては、おまえの存在なしでは、天使たちが手出しできないことも、わかっているだろう?
天使たちが自分たちだけでは、闇を光に上げられないこと、それはこの世に存在している清らかな人間がいなければ、出来ないことを、おまえは彼らの姿を見て、悟った。

そして今後おまえの役目が、この世にうごめく闇たちに光をあて、天使たちと共同作業で、それらを光に戻すこと、その他にこの世にいる人間たちに光をあて、彼らの魂に届けること。
それを行うことで、光を受け取った人間たちは目覚めることができ、光の道を意識することが出来る。それが今後のおまえの役目だ。」

私:「そう、ストレートに言われても・・・ 確かに今蔵之介が言ったことを、私は今月からずっと感じている。
電車のホーム下にいる、おびただしい数の闇たちを見ていたら、強力な光が彼らにあてられ、天使たちが何人も現れ、ものすごいスピードで闇たちを天に上げていったのを見た。それを見た時、自分の役目を悟ったわ。
その後もバスに乗ったり電車に乗ったりすると、人々の頭からもやのような想念が出て行くのが見えて、その後上から光が、彼らに降り注がれているのを、何度も見た。
最初は自分の思い込みかと思ったけど、何度も見せられるとそう思わざるを得なくなった。」

蔵之介:「ああ、それらは俺も一緒に見ている。そしておまえはそれが自分の役目だと悟り、淡々とその場に存在している。
普通そんな役目があると知れば、家から出て、人々や闇を光に戻すために、旅に出ようとする。より多くの闇と、より多くの人間たちに光をあてたいと願うからだ。
けれどおまえは違う。おまえは新しい役目に必死になることなく、導きがあれば、そのような場所に導かれるだろうと、淡々としている。
そこで必死になれば、それが執着となり、あっという間に闇に足元をすくわれることを、おまえは知っているからだ。」

私:「そう、その通りだわ。私だって、一人でも多くの人に光をあてられるんだったらやりたいし、一つでも多くの闇に光に戻って欲しいと思う。
けれどそこに懸命になるのではなく、今の生活とのバランスを取ることが、一番大切だと思っている。
今の私は二人の子供を持つ主婦だから、まずは生活を調和させること、後は個人セッションや、メール相談、光の会をその中で出来る範囲で行うことを、心がけている。
それに新しい役目が加わったけれど、それも役目の一つとして、それだけを懸命に行うことはないわね。
自分の3次元の生活と、役目のバランスを心がけている。」

蔵之介:「ああ、そうだ。それがおまえと他の者とが違うところだ。
他の能力のある者は、役目を一番にして、3次元の生活をおざなりにする傾向がある。
スピリチュアルを重視して、生活を後回しにすると、そこに闇が入ってくる。
なぜ今3次元の世に生きているのかを考えれば、何を一番重視するのかは自然と分かると思うが。
人間はどうしも目に見えない能力を特別なものとして、あがめたがるからな。
そこに闇が付け入るということを、ほとんどの者はわかっていない。

それともう一つ、おまえの新しい役目は、ともするとおまえを傲慢にしてしまう危険性がある。それはおまえも十分理解しているだろう。
自分がいるだけで、強力な光が天から注がれ、闇があっというまに天使たちに連れて行かれる。
それを自分が行っていると思いがちになる。
自分がすごい力を持っている、自分がそんな強力な光を降ろしていると勘違いしてしまう。
それが傲慢さにつながり、そうなると闇があっという間におまえを飲み込む。
そういう危険性と常に隣り合わせだということだ。

けれどおまえはその怖さを十分理解し、そうならないよう謙虚に努めようと努力している。
謙虚さを失えば、あっというまに転げ落ちることを、おまえはこれまで嫌というほど、他人から見せられているからな。」

私:「うん、そうだね。ホントに怖いと思う。
多くの人にものすごい光が注がれているのを見れば、それはそれは圧巻だし、それを私一人で見ていると思うともったいなく、他の人たちに見てもらいたいと思うし、光を受け取った人たちに話を聞きたいと思う。
自分がいるからそんなことが起きるんだということは、ついつい私ってすごいんだ!と思いがちになり、いやいや私がすごいのではなく、光の存在たちがすごいのだと思い直すことも、これまでに何回かあったわ。

自分の力が変化したことは素直にうれしいけど、今度はそれをキープすること、常に謙虚でいることの難しさを痛感している。
少しでも傲慢になれば、あっという間に闇に取り込まれることも、十分理解している。
これまでは闇たちとの静かな戦いだったけど、今後は自分のエゴ、傲慢さとの戦いになると肝に銘じている。
自分との戦いなんてとても孤独だけど、それをやり遂げなければならない、私にはその役目があると魂はわかっているから、やるしかない!というのが、今の心境だよ。」

蔵之介:「ああ、ホントに今のお前は、自分のエゴ、傲慢さとの戦いだな。
ちょっとでもそんなそぶりを見せれば、あっという間に闇行きだ。
それだけおまえの役目は、厳しいということだ。

はたからみれば、強力な光で闇や人を光に導くことは、うらやましい、自分もそうなってみたいと思わせる役目であるが、それをやれるだけの精神力と、エゴや傲慢さに染まらない清らかな魂を持ち続けられるかといえば、やれる者はいないだろうな。
おまえはそれをやるために、今まで数々の試練を与えられ、それをかいぐぐってきた。
そしてようやくここまで来ることが出来た。おまえもそれを感じるだろう?」

私:「うん、ホントにそう。
これまで闇を避けなさい、闇から離れなさいと言われ続け、闇とは戦ってはいけない、闇の攻撃をかわしなさいと言われ続けてきた。
けれど今回闇を光で包み、光に戻している自分を見て、ようやく闇を包める光を身に着けることが出来たと思った。
ずっとそうしたいと願ってきたけど、最初は小さな光しか持っていなかったから、到底無理だったけど、ようやくここに来て大きな光を持つことが出来た、やっとここまで来たという感覚の方が強いわ。」

蔵之介:「そうだな。これまで闇と対峙し、闇たちのやり方を嫌というほど見せられ、仲間を闇に引きずり込まれ、おまえがどれだけ悔しい思いをしてきたかを、俺もずっと見てきたからな。
その経験があったからこそ、今のおまえの光がある。それを忘れるな!」

私:「うん、分かった。私がブログに書こうとしていたことは、このことだったんだけど、自分の波動が上がり、変化したことについて、どう書いていい分からず、そんなことはおこがましくて書けなかった。
でも今日蔵之介が話し相手になってくれて、会話形式で書くことが出来たから、ホットしたわ。
今後はより精進して、光の道をしっかりと歩み続けようと思う。

蔵之介、どうもありがとう。」




ランキングに参加しています。共感していただければ、クリックをお願いします。
コメント

静香さん、初めまして、もう、何年も前から静香さんのブログを拝見させて頂いています。
今日の日記を拝見して、昔、エササニという言葉を調べていた頃、偶然静香さんのブログに行き会い、このブログを読まれている方は、ライトワーカーですと静香さんが、言って下さった時の私のとまどいの感情とよく、似ているなと思ってしまいました。
私はあの時、本当に信じられなくて自分を何度も疑っていました。嬉しい反面、なんだか怖くなってしまったこともあって、複雑な気持ちでした。
天使なんて信じてなかったときでしたから、今では、静香さんのおかげで天使の存在とか信じれるようになってきました。私もまだまだ、精進中ですが、静香さんが先行して、このようなことを書いて下さるのは、とても有難いと思っています。


私たち人間はどうしても物質に囲まれての生活なので、生活を豊かにしたい、そのために「利」を求める…という螺旋からなかなか抜け出せないものですが、生活が豊か=精神が豊か(清らか)とはならないですよね…。
どんな状況でも、日々自分が光に沿って生きているのか、冷静に謙虚に俯瞰し軌道修正…とても大事なことですね…難しいですが…。
そのお役目応援しております!

謙虚な気持ちを持ち続ける事☆

魂は分かっていても肉体をもってるとなかなか難しい事ですが、
そこをクリアして乗り越えられているのが素晴らしいです。
謙虚な気持ちを常に持ってる方をみると、
その方は本物だ~って思い感心します。
なかなかそういう方が少ないと感じております…
それぞれがそれぞれの役目の中で、魂からのメッセージを受け取って表現していきたいですね。
きっとそれができれば闇には引っ張られないと思うのです。
という事を静香さんのメッセージを読んで思いました!
素晴らしい新しいお役目での活躍誠にありがとうございます。
m(_ _)m

静香さん、皆様 メリークリスマスv-255

今回のブログでは蔵之介さんの言葉の3次元の生活との調和の部分がとっても心に響きました。

ありがとうございましたv-25


おはようございます。
わたしも3人のこどもがいる主婦なので、
3次元の生活を調和させることを大切にされている静香さんのいまの在り方が、大変こころに響きました。
蔵之介さんとの会話形式はとても分かりやすく、
このブログに出逢えたことに感謝しております。
ありがとうございます☆

こんにちわ。
お役目お疲れ様です。
正確に申しますと天使が闇を光に還す力がないのではなく、「求め」がないと勝手に助けることができないというのが本当のところです。
四天界さんが無意識に意図(光を広げる・光に還す)しているので、サポートとして天使が動くということかと思います。

同感です

家族の笑顔がいちばんですもんねっ。v-238

だからこそ

静香さんのお気持ち、本当に心打たれます。
だからこそ、なんですね。
私も見習わなくては。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。