プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「昨日の祈りの会で、大いなる光を受け取ったとメールをくれた人が何人かいて、嬉しかった。みなさんそれぞれの受け取り方で、ハッキリと実感できたようで、良かった。」

蔵之介:「ああ、俺も読んだよ。祈りの会に参加した者たちが、大いなる光を受け取ったことは、言い出した俺としては、おまえと同じように嬉しいよ。
おまえの太陽の写真も、なかなか好評だろ?観音が伝えたように、必要な者にちゃんと手渡しできている。」

私:「うん、そうだね。あの太陽の写真を待ち受け画面にしてくれた人が、何人かいてくれて、公開して良かったと心から思った。」

蔵之介:「太陽はおまえたちを照らすだけではなく、様々なエネルギーを降り注いでくれている。霊的にみればおまえたちは、太陽に生かされていると言っても過言ではない。
太陽がなくなれば、おまえたちは途端に精彩を欠くだろう。それだけ太陽の影響は大きいということだ。」

私:「うん、それ分かる気がする。霊的な太陽を写真に撮れる人もいるくらいだから、それを見れば納得できると思うよ。
昨日大いなる光を受け取った人たちは、今後どうやってそれを活かせばいいのかしら?
それは光の道の実践だと思うけど、何か具体的にこれというものがあったら、教えて!」

蔵之介:「そうだな。おまえが言ったように光の道の実践、これが一番大切なことだ。それは言わなくても、おまえのブログを読んでいる者たちには分かっている、ということだという前提で話を進めるよ。

受け取った光を今後どう活かせばいいのかということは、瞑想をすればよく分かるんじゃないかな?
瞑想をすれば、受け取った光を感じることができるはずだし、ビジョンが見える者は、何らかのビジョンを見ることができる。
何も見えなくても、いつもと違う感じというは、分かると思う。
それをじっくりと味わい、感じることだ。自分の中でそれが熟成しているのを感じること。光の道を実践しながら、受け取った光を大切に育てる感じかな?」

私:「ふ~ん、なるほどね~。
感じることが得意ではない人たちは、どうやればいいのかな?
もっと分かりやすいように、伝えて欲しい。」

蔵之介:「そうだな~。感じることが難しい(と思い込んでいる)者たちは、大いなる光を自分なりにイメージし、それが自分の中でキラキラと輝いているのを想像する。
そのキラキラが常に、自分の中にあると思い込む。
瞑想をしたり、一人の時に、必ずその光を思い出すようにすればいい。」

私:「見えたり感じたりするのができないと思い込んでいる人たちは、自分でイメージを作ればいいということだよね。
見えるもの、感じるものを待っているのではなく、自分でイメージを作ることが、コツ。
そんなのイメージではなく、自分で勝手に作り出しただけだと思うかもしれないけど、最初は思い込みでイメージを作ることでいい。そうやっていけばだんだんと感じたり、見えたりすることができるようになる。

祈りの会で地球に光を送る時も、ほとんどの人は自分で地球のイメージを作っていると思う。それと同じことだよね?
自分で大いなる光のイメージを作り、それが自分の中でキラキラと輝いていると思い込む。キラキラしたものはどんな形だっていい。〇だって□だって、△だっていい。それが常に自分の中で輝いていると、思い込む。
それだけで大いなる光は本当に、自分の中に存在するようになる。そういうことだよね?」

蔵之介:「ああ、その通りだ。おまえがいつも個人セッションで伝えていることだよな。
イメージは自分で作り出していい、自分で良いイメージを思い込むことで、良いものを引き寄せることが出きる。それをやって欲しいということだ。」

私:「うん、そうすれば思い込みが本当になるということだよね。
ビジョンを見ることが出来ません!という人は、どんどん自分からビジョンを作ればいいと思う。それがいつしか本当のビジョンとして見えるようになる。それも引き寄せの法則だよね?」

蔵之介:「ああ、そうだ。自分で大いなる光に包まれていると思い込み、その光が常に自分の中にあると思い込めば、必ずそれは本当になる。それを半信半疑で行うのではなく、騙されたと思い、素直にやってみることが大切だ。

今日のブログを読んで、目からウロコの者たちが必ずいる。俺はそういう者たちに向けて、話をしている。
受け入れられない者は、鼻でせせら笑うだけだろうが、素直に受け取り実践する者は、俺の伝えようとしていることが、必ず分かる。」

私:「そうだね。こんな話、何を言ってるんだ!と一笑されるようなものだものね。でも私たちはそれについて、真剣に話をしている。
受け入れる、受け入れないは個人の自由意志に任されている。」

蔵之介:「ああ、その通りだ。実践するかしないかで、今後全く違う生き方になる。
俺は自分の人生を輝かせて生きたいという者たちの側に、常に立ちたいと願っている。
その者たちが少しでも輝くことが出来れば、これほど嬉しいことはない。
そのためにこうやっておまえたちの世界に、足を踏み入れている。」

私:「うん、そのことは十分、分かっているよ!いつもありがとう。」





ランキングに参加しています。共感していただければ、クリックをお願いします。
コメント

ありがとうございました

まるで私の疑問にすべて即答頂いたようで・・・本当にありがとうございました。お二人に感謝です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。