プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「蔵之介、なんだかあなたと話がしたくなって」

蔵之介:「そうか?
おまえはしっかりと覚悟が出来ているようだな。自分の中でやるべきことがしっかりとあり、それを淡々とこなしているように見えるよ。
闇のゆさぶりも今のおまえには、全く歯が立たない感じだな。」

私:「そうだね。もうホントにどっしりとした感じがして、自分の感覚を信じることが出来ているから、何が起きても感覚に従えばいいというのが、身にしみて分かっている気がするよ。」

蔵之介:「そこにいたるまでに、様々な経験を重ね、自分を信じ続け、俺たちを信頼した結果だな。今のおまえは何が起きても、任せられる安心感がある。」

私:「それはありがたいお言葉だね。そういわれると素直に嬉しいよ。ありがとう。」

蔵之介:「今回は自信を持つことについて、話をしようか?自信を持っていいのに、持てない者がこの世にはたくさんいるみたいだからな。」

私:「そうだね。私もそれを最近つくづく思うよ。ではお願いします。」

蔵之介:「自信を持つということは、自分の感覚を信じるということだ。
自分の感覚が正しいと、心から思えることだ。
多くの者は、自分の感覚を信じてはいるが、果たしてこれで本当にいいのか?これで本当にあっているのか?間違っていたらどうしよう?と思っている。
感覚に従い、もし間違っていたらとんでもないことになる、何か変なものに操られているんじゃないか?と思いがちだ。
おまえも最初の頃は、変なものに惑わされているんじゃないかと、注意深く自分の感覚を見ていたよな?
自分の感覚を信じていいということは、頭では分かるけれど、果たしてそれが本当に自分の感覚なのか?あるいはそれはただ単なる自分のエゴなのかの、区別がつかない者が多い。

それに対してのアドバイスは、感覚がやってきた時、とりあえずそれを一旦受け入れること。もしかして間違っていたらという余計な考えはいらない。ただそれを受け入れることだ。そして少し待ってみる。
それが本物の感覚だったら、スッとなじむ。すんなり受け入れられる。
本物の感覚でなかった場合は、そのことが気になり、そのことばかり考えるようになる。本物の感覚は自分の魂が知っているから、自分の身体になじむ感覚がある。
本物でない場合は、不安になったりする。不安になった場合は、一旦その感覚を捨ててみることだ。その感覚から離れることが必要だ。」

私:「ふ~ん、なるほど。」

蔵之介:「後は本物の感覚に慣れることも必要だ。最初は間違うこともあるかもしれない。それも勉強だと思い、自分の感覚にとことん従ってみる。
そうすれば何が本物の感覚か、何がニセモノかが、分かるようになる。
怖がって躊躇するより、思い切って感覚に従う方が、より的確に感覚が分かるようになる。それを何度も繰り返していけば、自分の感覚が分かるようになり、それが自信につながる。

それともう一つ、こういう方法がある。自分の感覚が合っているかを確かめること。
それについて俺たち目に見えない存在を、使うことが出来る。
自分の感覚が合っているのか、俺たちに聞いてみればいい。
合っているならサインをもらえばいい。
身体が温かくなるとか、感覚を後押しされるとか、数字で見せてもらうとか、方法はいろいろある。問われれば俺たちは喜んで、教えるさ。」

私:「なるほど。そうだね。私も光の存在に聞いたりしているから、彼らに聞いてサインをもらうことはいいかもしれない。
私の場合聞いても、『あなたはどのように感じますか?』と逆に聞かれることが多いけどね。」

蔵之介:「とにかく自分の感覚を信じることだ。自分の感覚が、答えを一番よく知っている。誰に聞かなくも、自分が全ての答えを知っているということだ。
そしてそれを繰り返していけば、自分の感覚に従うことが一番いいということが分かり、それが自信につながる。
そうすれば魂は、より輝きを増すことになる。」

私:「そうだね。その通りだよ。
魂を輝かせたかったら、自分の感覚を信じて、自信を持つこと。
感覚も慣れが必要で、失敗してもいいから、どんどん感覚を信頼することだよね。
ありがとう、蔵之介!」




ランキングに参加しています。共感していただけたら、クリックをお願いします。
コメント

おはようございます^^

自分の感覚を信じ、自信がない時は光の存在に聞く。

そうですね!

聞けば良かったんだぁ~。

ありがとうございました(礼)

タイムリーです。

こんにちは☆
今の私にとって、とてもタイムリーなお話しでした。
自分の感覚をどのように見ればいいのかが分かりモヤモヤが晴れました☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。