プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
蔵之介:「おまえは最近また忙しくなっているな。
出雲での役目がおまえにとって、かなり霊力を使ったことになり、それをブログに書く作業もおまえにとっては、力のいることだったろう?
すべて書き終えてホッとしているが、また新たな役目がやってきて、息つくヒマもないな。そんな中こうやって、俺との会話をブログに書きたいと思っている。
いったいおまえは「どんだけ~!!」たくさんのことをやれば、気が済むんだ?」

私:「それって少し前にはやった言葉だよね?蔵之介もそんな言葉使うんだ。ア~驚いた!

出雲に関しては自分の中では、すでに一昔のような過去のことになっていて、心の中はもう次だと思っている感じだよ。
次から次へといろんなことがやってくるけど、目の前のことに集中して一つ一つこなしていけば、いつの間にか終わっているという感じかな?
自分の中がどんどん加速している感じだけど、流れている時間はゆっくりとしている感じで、何とも表現しがたい感じなんだよね。」

蔵之介:「ああ、俺にはわかるよ。おまえはいろんな経験をさせられ、やってくるものに集中せざるを得ないように、鍛えられてきている。
だから終わってみればあっという間に感じるし、終われば次があるという感覚になるのが分かる。
次がやってきても、おまえはそれをこなすことが出来るからな。
その合間にブログを書いたり、相談を受けたりしている。
そんなおまえを人が見れば、忙しいのによくそんなことができると思うけれど、おまえにとってはそれが普通になっているんだろ?」

私:「うん、そうだね。忙しいといっても、合間に時間を取ろうと思えば取れるし、眠たくなれば寝てるし。その間子どもたちの母親をやったり、妻をやったりしているんだよね。時間は作ろうと思えば作れると実感しているから、頭の中でパッと計画を立てて、それに従っている。
でも出来ない時はしょうがないという感じやってるから、案外自由かもね。」

蔵之介:「まあそういう意味では、おまえは器用なのかもしれんな。
手先はからっきしダメだが、そういうことにかけてはおまえは器用で、人より簡単にやってのけるのかもしれない。」

私:「からっきしダメとは、失礼な!でもホント手先は不器用なんだよね~。
それでバランス取っているのかもしれないわ。」

蔵之介「今日はおまえとこんな話をして、いいんじゃないかと思うがどうだ?
おまえのことをもっと知りたいと思っている者も、たくさんいると思うが。
おまえがどうやって日常生活を送っているのかを知れば、参考になる者もいるかもしれない。」

私:「そうだね。なんだか恥ずかしいけど、今日はいつものような話ではなく、小休止ということでやってみようかしら?」

蔵之介:「たまにはいいんじゃないか?おまえの人となりを知ってもらい、自分たちと同じなんだと思ってもらえれば、読み手も安心できるかもしれないからな。」

私:「OK、分かった。では何を話そうか?」

蔵之介:「そうだな。子どもたちのことはどうだ?
子どもたちはおまえのことを、「ちょっと変わった母さん」として見ているだろ?
おまえが光の柱の旅に出始めた頃、家を空けるようになってから、子どもたちは彼らなりに母親が何か、いつもと違うことをやっていると感じている。
光の会にしても、何をやっているのかは分からないが、自分たちの理解を超えたことをやっていると思っている。

おまえが時々口にすることが、彼らをポカンとさせていることにも、子どもたちはようやく慣れてきた感じだな。また母親が何か言ってるという感じで、受け取っている。
おまえはおまえで、子どもたちに求められれば答えるけれど、それ以外は何も伝えてはいない。子どもは子ども、自分は自分と線引きをしているからな。

ちょっと変わった母さんでも、子どもたちはおまえのことを、かけがえのない存在として見ている。
おまえの能力を子どもたちは素直に認めているし、それをちゃんと受け入れている。
何かあれば、母が助けれくれると思っているようだ。
彼らにとっておまえは、なくてはならない存在だ。」

私:「へえ~、そうなんだ。
確かに私が時々スピリチュアルなことを口にすると、「出た!(また言ってるよ!)」と言うけど、それを否定することはないよね。「ふう~ん」という感じで聞いている。
役目や光の会で家を空けることがあっても、普通にそれを受け入れている感じだね。
そして自分たちが病気になれば、母が何やらあやしげなヒーリングを行うことは分かっているし、それを長男なんかは、やってくれと要求してくるしね。」

蔵之介:「そうだな。おまえたちの間には、目に見えない絆がしっかり構築されている。
だから母の背中を見て、子どもたちは何も言われなくてもわかっているんだと思うよ。
いい親子関係じゃないか!」

私:「そうだね。ホント子どもたちには、感謝している。
こんな母親でも、母親として必要としてくれるし、彼らが私のことを好いてくれていることは、本当に良く分かるから。」

蔵之介:「ああ、本当に大切なのは、お互いがお互いを思いやり、それがしっかりと伝わることだな。
おまえたちはこれからも親子として、しっかりと絆を深めることが出来るだろう。」

私:「うん、私もそうしたいと思ってる。
今日はありがとう、蔵之介!」




ランキングに参加しています。共感していただければ、クリックをお願いします。
コメント

いつもありがとうございます

いつもたくさんの気付きをありがとうございます。
今回の蔵之助さんの言葉はとてもとても心に響きました
今、この時期親子関係だったり夫婦関係だったり、
絆の大切さを凄く感じています。

思春期に入った子供達ですが、私の言っていることにまた言ってるなんて顔をしますが、しっかり心に響いている事も感じていますし、感謝されていることも感じます。
言葉には表わしませんが、心が通じ合っている絆がとても心地良くて生きがいを感じます。
家族がとても愛おしく、今回の言葉を聞いて心がとても
あたたかい気持ちです!いつもありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。