プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「蔵之介、また何となくあなたがブログを望んでいるような気がするけど・・」

蔵之介:「ああ、その通りだよ。ちょっと伝えたいことがある。」

私:「何なの?」

蔵之介:「本題に入る前に、まずおまえのことを話そうか?
おまえはこのところ、とても忙しくしていた。
ツインソウルの白龍をしごき、光の会を開き、神事を行っている。
その間子どもが熱を出し、父親が救急車で運ばれている。
こうやって書くと、目の回るような忙しさだよな?
でもおまえは一つ一つに冷静に対処し、淡々としている。それはそれは、見事だと思うよ。おまえもそうやって上の世界からしごかれ、それをものにしている。
おまえにとって起きることすべてが修行で、それに対してひたすら精進しているように見える。
俺から見ればおまえは、修行僧のようだぞ。
おまえはもう人間を超えているな。」

私:「何それ?人間じゃないって!?
私はちゃんと3次元の身体を持ち、3次元で生活している人間だよ!
でもそういわれれば時々、この世にいながらどこかに、飛んでいっているのかもしれない。
魂は3次元の身体から出ることは出来ないけど、意識だけはどこにでも行くことが出来るから、そういう意味で言えば、常に意識はどこか別な次元に行っているのかもね。」

蔵之介:「ああ、そういうことだ。
おまえは常に『無』になることが出来るんだ。
おまえ自身は無になっているという自覚はないかもしれないが、おまえの状態は常に深い瞑想状態にあり、意識はどこへでも飛んでいける状態にあるということだ。
それは大昔から修行者たちが求めてきたものだ。それをおまえは3次元の生活を送ることで、会得している。」

私:「なるほど。以前他の人からも、私は常に瞑想状態にあると言われたことがある。私は自覚していないけれど、たぶん瞬時に瞑想状態に入っているんだろうな。そういう時、意識が少し遠のく感じがするもの。それを無意識に行っているということだよね?」

蔵之介:「ああ、その通りだ。おまえは無意識に瞑想状態に入れる。そして意識を別次元へ飛ばすことが出来るんだ。
今日の『祈りの会』の時も、そうだろ?
その時は瞑想しようと意識しただろうが、すぐにいつものタコのような生物が出てきたよな?
普通瞑想状態に入っても、おまえのように何秒もたたずに、ビジョンを見ることは難しい。
だからおまえはすぐにタコと一緒に、地球を見渡せる場所、宇宙空間に到着することが出来た。
そこで仲間がいるのを見た。その仲間は明らかに人間ではない姿をしていたよな?
けれど確かに自分の仲間で、共に地球に光を送った。そうだろ?」

私:「うん、その通り。
瞑想したらすぐにいつものタコさんが出てきて、あっという間に宇宙空間にいて、地球を見ていた。
そして人間ではない仲間たちをたくさん見た。
彼らと地球に光を送った後、なぜかそこから降りていったんだよ。
降りていくとライトワーカーの磁場に到着した。
以前より人が増えて、皆落ち着いて地球に光を送っていた。それを見て安心したんだ。

そしてふっと磁場の横を見たら、フラスコを横にしたような透明な入れ物があり、その中に人がギュウギュウ詰めになって、入っているのが見えた。
押し合いへし合いして、中にはケンカしている人たちもいた。
あんな狭いところに入っていて、どうして広い磁場へ出てこないのだろうと思った。

フラスコの中にいる人たちは、「自称ライトワーカー」で、光の道を歩んでいると思い込んでいる人たちだと分かった。
以前から自称ライトワーカーの人たちがいるのは見ていたけど、フラスコみたいな狭いところにいるのを初めてみた。
フラスコの口は開いていて、そこと本当のライトワーカーがいる磁場はつながっていたんだ。
だから気づきさえすれば、フラスコの口から出て、本物の磁場に行くことは出来るのに、誰一人そこから出ようとはしなかった。

私はしばらく見ていたけど、フラスコの中にいる人たちにどうにも耐えられなくなり、スパッと磁場とつながっていたフラスコの口を切ったんだ。
私が何かしたわけではないけど、切ろうと意識したら、目の前で突然フラスコがスパッときれいに切れた。
そして切り離されたフラスコは、磁場からどんどん離れていった。
でも中にいる人たちは相変わらず不満顔で、気づいていないようだった。
私はそのままフラスコが離れていくのを、ずっと見ていた。そしてこれでいいと思ったんだ。」

蔵之介:「ああ、それは俺も見ていたよ。本当に見事に切れたよな?
そして中にいる者たちは、全く気づかなかった。

これまでライトワーカーの磁場は、そいつらに荒らされていたんだ。
おまえはここ何ヶ月も、磁場に行かなかっただろ?
その前は磁場に行って、光を送っていたが、ある時磁場に行きたくないと感じて、それ以来足を踏み入れなかった。
おまえも磁場が荒らされていることを、感じていたからだ。
けれどそれをブログには書かなかった。それを書くことで、人々を動揺させたくなかったからだ。
そして今日磁場に行き、フラスコの中にいる自称ライトワーカーたちを見て、本物だけを磁場に置きたいと思い、思わずフラスコを切ったんだよ。
どうしてそんなことをしたのか、理由は分かるか?」

私:「うん、何となく自分の中では分かっている。
もうニセモノはいらないと強く思ったんだ。
そしてすでに光と光以外の選択は、終わっていると感じた。

それは私たちが行なっている神事と関係している。
清らかなものは清らかな状態に、戻すということが神事の目的だから。
それはライトワーカーの磁場とも関係している。
そしてもちろん、人々の意識とも関係している。
これからは清らかなものはより清らかさを求められ、もう闇と交わることはないということだよね?
今後闇と光が混合することは、なくなるんじゃないかな?」

蔵之介:「ああ、おまえが思っている通りだよ。
おまえたちが行っている神事が終わる頃には、ハッキリとした答えが出る。
清らかなものはより清らかになり、闇がそこに入ることは出来なくなる。
それがこれから起きることだ。
だからおまえたちの行う神事は、おまえたちが思っているより、重要かつ必ずやり遂げなければならないことだ。分かるよな?」

私:「うん、分かるよ。だから神事を行う私たちの清らかさも常に問われるし、本当に光に生きる人たちを、心から応援したいと思ってる。
だから光の会を行っているんだと思うよ。」

蔵之介:「ああ、そうだな。
これからは本物の光を持つ者たちとのつながりが、より強くなるだろう。
おまえはますます求められ、忙しくなるかもな。」

私:「うん、それは私にとっては喜びだから、全然苦にはならないよ。
そうかあ、フラスコを切ったこと、ブログに書こうかどうか迷っていたんだけど、ここで書くことができて良かったよ。
いつもながらありがとう、蔵之介!」




ランキングに参加しています。共感していただけたら、クリックをお願いします。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。