プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「蔵之介、何か私に伝えたいことがあるような気がするんだけど・・・」

蔵之介:「ああ、あるよ。
おまえのブログを読んで、たくさんの者たちが真摯な祈りを捧げてくれている。
祈りとはどのようなものなのか、真摯に祈るとはどういうことなのかを、一人一人が考えながら祈っている姿が見えるよ。
ただ何となく祈るのとは訳が違うことを、改めて人々が気づいた。
それを見て、天使たちも喜んでいる。」

私:「そう、それは良かった。
天使たちの熱い思いがとても伝わってきて、人々が真摯に祈りを捧げてくれていること知って、とてもうれしい。
それと寝ている間や、起きていても一瞬意識がなくなったりする人が多いというのも、たくさんの方からメールをいただき、今回分かった。
とても多くの人たちが、身体を運べない代わりに意識で被災地に飛び、光の仕事をしていることが分かった。
それだけ光の存在たちが、私たちを必要としているということなんだよね?
その助けに少しでも役立てられて、本当に嬉しいよ。」

蔵之介:「ああ、その通りだ。
俺たちは今回の地震でたくさんサポートをしているが、人間たちにも手伝ってもらっている。
それはおまえが言ったように、意識での手伝いということだ。
寝て手伝う者もいれば、起きていても意識だけ飛んで行く者もいる。
おまえは起きていても常に瞑想状態にあるから、起きながら意識が飛ぶ方だな。
おまえと同じような者たちも、この世にはたくさんいる。
寝て意識が飛んでいる者たちも、しっかりと光の仕事を行っている。
それは地震発生直後が一番多かった。
地震発生直後におまえたちが必要とされ、おまえたちもそれを望んだということだ。
今は地震発生から時間が経ち、祈りをより多く求められている。」

私:「なるほど。祈りが求められていることは、何となくわかる気がする。
被災地と被災者、そして亡くなった人たちを光で包むことが、今は一番必要なんだよね。」

蔵之介:「ああ、そうだ。
祈りの力でそれらを光に包むことができるし、場を光で満ち溢れさせることが出来る。
そうすれば常に光のエネルギーが場に流れ、同時に癒しも行われる。
心のケアが光によって、行われるということだ。
おまえたちが祈ることで、天使たちが力を発揮することが出来るんだ。」

私:「本当にそうだよね。
被災地に常に光のエネルギーが流れるようになればと、心から思うよ。

それと今原発で懸命に作業をしている人たちも、必ず守ってくれるよう、毎日祈っている。彼らの自分を犠牲にしても、何とかしたいという尊い思いを、決してムダにして欲しくない。
今日は彼らが光に包まれ、そばにぴったりと天使がついているのが見えた。」

蔵之介:「彼らは自分たちはどうなってもかまわないと、本気で思っている。
その思いに俺たちも何とか答えたいと、出来る限りのことはやっている。
彼らはしっかりと光に守られている。おまえがビジョンで見た通りだ。」

私:「良かった。
彼らを必ず守って欲しい。
私たちのために必死で戦ってくれているんだもの。
これからも彼らのために、祈り続けるよ。」





ランキングに参加しています。共感していただけたら、クリックをお願いします。
コメント

こんにちは

いつもありがとうございます。

私は津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市の隣にある一関市に住んでいます。

被災された方、支援をなさっている方、様々な方がおり、様々な考え方があります。

どうか「光を分け与えてやっている」というような心の隙を闇に見せないよう、祈っております。

支援物資の呼び掛けに集まった不要品の山…チャリティーコンサートをしたいという人の聞くに耐えない演奏…どうか皆様、「私が助けてやるんだ」という気持ちを捨て、真摯な祈りと募金活動などで濁りのない意識を広げてほしいと思います。

わたしもボランティアを志願して自転車で現地入りする予定でしたが、食料や宿泊スペースを消費しただけで、なにもできず、ただただ色々な方にお世話になり、「支援してやろう」という自分の卑しさに気がつきました。

誰も見ていないところで支援をする…それくらいの、静かな祈りにも似た支援が、光を拡げていくと思います。

心当たりのある人はもう一度考えてみてください。

「わたしが」助けるのだ、という気持ちが、闇の一番の標的だということ…。

偉そうに聴こえるかもしれません。これは私自身に対する戒めだと思ってください。


初めまして。

初めてコメントさせて頂きます。

私も祈ります。
そして、物質的な部分でも、自分が出来る
事を全うしたいと思います。
読ませて頂いてありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。