プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「今日は何を話すの?」

蔵之介:「そうだなあ、闇についてはどうだ?」

私:「闇について!?いきなりそんなこと話しても大丈夫なの?」

蔵之介:「ああ、平気さ。おまえと俺は光に守られている。闇はここに入ってくることは出来ないからな。」

私:「じゃあ、光に守られていないと、闇について話すことは危険なの?」

蔵之介:「ああ、もちろんそうだよ。闇は自分たちが話題にされていることを、いち早くキャッチして影響を与えようとする。
おまえたちの世界でよくあるだろ?いかにも幽霊が出そうな場所に行って、霊を探すような、くらだない番組が。それがいい例さ。
あんなことをすれば、どうぞ私にとりついて下さいと、言っているようなものだ。
闇の影響力を知らないものが、面白半分に行い、あげくのはてにとりつかれ、自分ではずすことが出来なくなる。
闇がはった網に、まんまとひっかかるようなものだ。絶対にそんなことをしては、ダメだ。闇がとりつくと、どれだけ危険なことなのかを、人間は知らなさ過ぎる!」

私:「蔵之介、珍しく熱く語っているよ。大丈夫?」

蔵之介:「ああ、大丈夫だよ。ただ少しでも闇の影響のある場所へは近寄らないで欲しいと思っているから、ついつい力が入ってしまった。

さて闇についてだが、多くの人間は、闇がどのような影響を与えているのかを知らない。ここで俺が言っている闇というのは、光に戻れず、さまよっている霊、おまえたちが浮遊霊と言っているものから、悪霊にいたるまでの霊や精霊たちのことだ。
彼らは自分たちでは何も出来ないことを知っているから、人間にとりついてコントロールしようとする。自分たちだけでは、たいしたことは出来ない。人間にとりついて彼らをコントロールすることで、人間を困らせたり、悪さを重ねて自分たちの世界に引きずり込もうとする。

とりつかれた人間は、とりつかれたことに気づかず、闇にコントロールされ、あっという間に人生を転げ落ちていく。
要するに闇は、自分たちの仲間をたくさん作ろうとしているということだ。
人間にとりつき、彼らをコントロールし、自分たちの世界に引きずり込ませ、仲間をどんどん増やして、自分たちの世界を拡大しようとしている。
闇の勢力の拡大を、狙っているわけだ。

けれど今は、勢力は弱まっている。闇の大将が光に戻ったからな。
大将が光に戻っても、残党が残っているから、全く闇の影響がなくなったというわけではない。
むしろこれまで以上に、勢力を拡大しようとしている。それはなぜか分かるか?

間もなく彼らの世界がなくなることを、知っているからだ。
彼らの住む世界が消滅することを知っていて、それまでに一人でも多くの人間を、道連れにしようとしているからだ。
今地球はアセンションに向けて、大量の光が降り注がれている。光が地球を覆うと、彼らの世界は消滅する。
最後のあがきとでもいうのか、彼らも必死になって生き残ろうとしているんだ。
だから今はどこを見渡しても、闇の影響を受けた人間たちがたくさんいる。
今ほど闇が、地球を我が物顔で、闊歩(かっぽ)している姿はないぜ。
おまえも日々、それを感じているだろ?」

私:「うん、私も最近、闇に影響されている人が多いなあと、思っていたんだ。」

蔵之介:「そういう訳でいとも簡単に、闇に影響される者が出てくる。
だから人間は自分の想念によって、闇が入り込んでくることを、肝に銘じなければならない。
闇に影響されないためには、しっかりと光に立ち続けることが重要なんだ。」

私:「そうだよね。今はちょっとでもぶれたり、スキがあれば、そこから闇が入ってくることを、ひしひしと感じているよ。」

蔵之介:「闇もバカじゃない。むしろ頭がよく、かつ狡猾だ。闇は獲物をてぐすね引いて待っている。
だからむやみに闇のいそうな場所に近づいたり、闇の話をしたり(霊の話)、マイナスの思いや行動をすることは、なるべく控えた方がいいんだ。
自分が常に、光に包まれているイメージをすることも大切だ。
光に包まれ、自分は守られていると思うだけで、闇を遠ざけることが出来る。」

私:「光を意識することが、大切なんだね。」

蔵之介:「ああ、そうだ。それとすでに入られた場合、何となく身体がだるかったり、重かったりする。何となく調子が悪くなったり、気分が落ち込んだりする。
そうなった場合、自分で浄化できる方法がある。

それは風呂に入ることだ。風呂にはいり、湯船に浸かること。そうして汗を出すこと。
汗を出せば、汗と一緒に闇は出ていく。
それでも治らない場合は、光を食べること。
光をどうやって食べればいいのかと思うだろうが、光をイメージして、それを口の中に入れることだ。

まぶしいほどの光をイメージし、それを手の中に入れる。手が温かく感じるまで待つ。
温かさを感じたら、それをポイッと口の中に入れる。それでいい。
光を自分の中にいれたと意識すれば、なおいい。
その光が闇を追い出してくれる。簡単だろ?」

私:「うん、すぐに実践できそうなものばかりだね。ありがとう、蔵之介」




闇について蔵之介はもっと語りたそうだったけど、今回はこの辺で終わりにした。
闇の影響がなくなったという人もいるが、私には到底そのようには思えない。
むしろ蔵之介が言ったように、最後のあがきのように、スキあらば人間に入ろうとしていることを感じている。
無用の憑依を避けるためには、闇のいそうな場所には近づかない、闇の好む波動にならない(マイナスの言動や行動など)、怖い話などはしない、聞かないということを心がければいい。
そしてもしも入られたと感じたら、お風呂に入り汗をかくこと。今は暑いので、シャワーで済ませる人も多いと思うが、湯船に浸かり汗をかくということは、大事なことだと感じた。それでも取れない場合は、光をイメージし、それを口の中に入れること。光はプラスのエネルギーなので、プラスはマイナス(闇のエネルギー)より強い。光のプラスエネルギーで、闇のマイナスエネルギーを消す、という意味なのだと思う。




ランキングに参加しています。共感していただけたら、クリックをお願いします。
コメント

こんにちは^^

光の会でもお世話になりました、nakoと申しますv-254

先週、とっても身体がだるい日が2日あり気分転換にと昼間から、ゆるりとお風呂に入りました。
暑い日でもなんだか爽快になり、身体が軽くなりました。
今日のブログを読み、ふむふむっと納得いたしました。

今度は光を食べてみます 美味しそう^^

 

  
  はじめまして、

蔵之介さんはもっと話をしたいみたいですね。

  最後は気の持ちようかな (笑

 
 

  

こんばんは

静香さんこんばんは、まずはご了解下さいませ、「光の道を進む」で載せていた「観音様の絵」を見た時に暖かい(熱い)モノを感じました。その絵を保存させていただきましたので連絡したかったのです。そしてブログの友達にも何か感じないって送りました。今回のブログで次元の違いが私にとても解りやすく伝わってくるのでありがたいです。自分の中で時たま闇に支配されないようにここをがける事が出来ます。

初めまして

初めましてこんにちわ。

導かれて、こちら様に辿りつきました。

今後もちょくちょく寄らせて下さい。

(*^-^*)

私の場合ですが、闇は一端取り込んで、中で昇華して成仏させますかね~。

ちょっと危険な方法だとは想うので、蔵之介さんの方法が安全だな~と感じました。

それでは失礼します~♪
(*^-^*)ノシ

こんにちは

コメント受付中のようですね!チャンスとばかりに書き込みます。異次元からのメッセージからずっと読ませて頂いてます 

アロマコーディネーターと音楽療法の勉強をしています。

私は光も闇も体験しましたが、今は闇に対する光というよりはどちらでもない(ある?)透明な存在に近づきつつあるような気がします。

こちらのブログも楽しみにしていますね 

Re: タイトルなし

nakoさん

自分の感覚に従えば、自然に浄化されているということですね。
お見事です!


Re:  

まことのことばさん

そうですね、私が一方的に話を切ったような感じになりました。
また改めて、別記事で聞こうと思います。
  


Re: 初めまして

営さん

闇を一旦取り込むというのは、私も危険だと思います。
よほど強い精神力の持ち主なんですね。
お役目なのでしょうか?

是非蔵之介の方法を、試してください。

Re: こんにちは

JILさん

ずっとブログを読んでくださいまして、ありがとうございます。

どちらでもない、透明な存在・・・
いいですね!

きっと最終的には、そこに落ち着くのでしょうね。

Re: こんばんは

kanaさん

観音様の絵、どうぞ保存してください。多くの方に見てもらいたいと思っています。

闇を知ることで、入らせないようにすることが出来ますね。


清らかに

ブログを読んで実践しました。「光を飲む」
すごくいいです。
胸が熱くなり身体が軽くなりました!ありがとうございます。もっと清らかになりたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。