プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「蔵之介、ずいぶんご無沙汰してしまって、ごめんね。」

蔵之介:「ああ、おまえはいろいろとやることが多くて、このところ忙しかったからな。何かと周りがザワザワしていて、それを一つ一つこなしていった。ようやく一段落ついたんじゃないか?」

私:「そうだね。なんだかあっという間に過ぎた感じがする。子どもたちの学校も始まり、私の波動が変化し、そばにいてくれる光の存在が交代し、新たな役目も増えて、なんだかふりかえってみれば、多くのことをやってきた感じがするよ。」

蔵之介:「そんな中でもおまえはいつも通り、淡々と日常生活を送り、俺たちと話をし、変わらないでいる。役目に伴う闇の攻撃にも動揺することなく、いつものおまえでいる。」

私:「どうもありがとう。今日は何を話してくれるの?」

蔵之介:「そうだな。今日は今後の心も持ち方について、話そう。
今後の心の持ち方と言われ、何のこと?と思うかもしれないが、俺たち光の存在たちが、おまえたち人間に今後こうして欲しいと、願っていることを伝えるよ。

このブログを読んでいる者たちは、当然多くの光を受け取り、それを人々に分け与えていると俺は思っている。しっかりと光の生き方をし、常に光にい続ける者たちだと認識している。そういう者たちに、俺たちからのアドバイスだと思えばいい。

まず行って欲しいのは、今のまま、そのままの自分でいること。
光を受け取っているから、何かをしなければならない、人々のために自分を役に立てたいと思っているだろうが、待て待て!そう焦るな!と言いたいね。

何かしなければという思いは、すでに闇に近づいていると思っていい。
俺たち光の存在はまずおまえたちに「何もしなくてもいいから、そのままの光輝くあなたでいなさい」と伝える。
おまえたちは、今のままでいいんだ。光を受け取ったから何かをしなければならないなんて、思う必要はない。
そのまま普段のおまえのままで、今後も生き続けることだ。

何かしなければという思いは、焦りを生み、闇を引き寄せてしまう。
そんな思いを闇は敏感にキャッチし、ニセモノのメッセージやビジョンでだまそうとする。「あなたには役目があります。~をしなさい。」とニセモノの光を見せ、そいつをだまそうとする。
焦りがあったり、何かしなければと固執している者は、見事にそれにひっかかる。それはそれは見事にだ。
そして「自分にも役目が来た、自分も何かやることがあるのだ」と喜ぶことになる。

でもその喜びは傲慢さと結びついている。
「自分はそんじょそこらの奴らとは、訳が違う。自分は役目を与えられるほど、悟っているし、光も持っている。自分はすごいのだ。」とすぐに傲慢さにとって変わる。
闇はそのことをよおく分かっていて、そいつが気持ちいいような言葉を並べたり(役目をやれるのは、あなたしかいない、あなたが人々を導くのです等)、エゴを満足させるようなことを言ってくる。
そうなると後は闇に言いように操られ、どんどん闇に入られてしまう。

最近おまえのブログに書かれていた奴が、いい例だ。
そいつはおまえのようなことをやってみたい、おまえのように役目を与えられ、人々を助けたいと願っていた。その思いは純粋で素晴しかった。
が、そこにエゴや傲慢さが潜んでいたことにまで、気づかなかったんだろう。闇は見事にそれをついてきた。

俺たちが言いたいのは、頼むから今のままの状態でいてくれということだ。
人のために何かをやりたい、役目があるのならやってみたいと願う心は素晴しいが、「自分の出来ることを出来る範囲で」ということだ。
自分の出来る範囲を超えてまで、俺たちは人のためにやって欲しいとは、全く思っていない。
範囲を超えると必ずゆがみが生じ、そこから必ず闇が入ってくる。
だから今の状態を保つことが何より大切なんだ。

俺たちが言いたいのは、やるのは自分の出来ることだけ、出来る範囲を超えないこと。
そして一番持って欲しいのは、「謙虚さ」だ。
謙虚さがなくなったら、おしまいだと思っていい。
謙虚さのなくなった者は、見事に闇に入られる。それを肝に銘じて欲しい。」

私:「うん、よく分かるよ。本当にその通りだと思う。
「自分が、自分が」という思いは傲慢さにつながり、必ず闇がやってくる。
自分が自分がと思わなくても、ゆだねればいいのにと思う。
そのためには謙虚さが何より必要。謙虚になれば、感謝の思いが必ず出てくる。
謙虚さと感謝を忘れたら、自分が自分がになり、光とは離れていく。」

蔵之介:「ああ、その通りだ。たとえ光の会に参加して、多くの光を受け取っても、それを還元しなくていいのだろうかと思う必要はない。
光を受け取り、受け取った光を自分の身近な人たち、家族や友人たちに分け与えるだけでも、それは立派な光の行為となる。
それが自分の出来る範囲ということだ。
それを何か他のことで返そう、何かやってみようと思うことは、十分気をつけなければならない。
そこに謙虚さは存在するのか?それはただ単なるエゴではないのか?と常に自問して欲しい。

本当の光とは、おまえがそこに存在するだけで、何らかの影響を必ず与えているということ。
何もしなくても、そこにいるだけでおまえから出た光は、確実に人に渡っているということだ。
だからおまえが光に生き続けることが、何よりの循環になるということだ。
おまえが光の生き方をすれば、必ずそれは人々に伝わり、人々に分け与えられるということだ。」

私:「本当にそうだね。
何もしなくても存在するだけで、光を分け与えていることになる。
それを知っていれば、何かしようと思ったり、役目を与えて欲しいなんて思わなくなるよね。
どうもありがとう、蔵之介!」




ランキングに参加しています。共感していただければ、クリックをお願いします。
コメント

こんばんわ。
とてもとてもほっとしました。
ありがとうございました。

ありがとうございます。あぶなかったです。特にこの時期、何かしなければと言う思いがつのる日々。。。
いつも必要なメッセージをありがとうございます。

おはようございます。

蔵之介さん、静香さんありがとうございました。
今回も素敵なメッセージでした^^感謝します。

こんにちは

本当の自分に正直で飾らない私でいいんだって教えてくれたね!ありがとう!

嬉しいですっ♪

この記事を読んでまた自分のままでいいんだって教えてもらいました。光の中に生きてさえいれば大丈夫って教えてもらっていたけれどまた心に刻めました。いつもいつも静香さんと蔵之介さんの解り易い話に感謝いたします♪

再確認

日々の祈りに加えて、被災地や脱原発の為に何かしなければという焦りが生じていたところでこの記事を読ませていただき感謝しています。今は身近な人たちと自然にすごします。縁があって無理なくできることができたらそれから活動します。

「何もしなくてもいいから、そのままの光輝くあなたでいなさい」
ここを読んだとたんに、涙がこみ上げてきました。ホッとしました。肩の力が抜けました。そうだな。その通りだな。と深く納得しました。私の場合は「そのままの私」でいることすら、ままならず難しい状態。本来の自分でい続ける事を第一にしたらいいのだな。と思いました。スッキリしました。いつもありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。