プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「今日は満月だね。今日の昼間空を見上げたら、『あっ、違う』と思った。
何が違うのかうまく説明できないけど、いつもの空とは違っていた。
だから何?と言われればそれまでだけど、何かを感じ取っていたのは確かだと思う。」

蔵之介:「満月だし、昼間のエネルギーもいつもより、強い光が注がれていたようだ。
おまえが先日ブログに書いたように、光のエネルギーは以前に比べると、大量に降り注がれている。
それに伴い俺たちの仲間もたくさん、地球に降りてきている。おまえたちをサポートするためにな。
それをおまえは敏感に、感じ取っているんだよ。」

私:「なるほど。やっぱりそうなんだ。
それはそうと、今日は何か伝えたいことがあるんでしょ?」

蔵之介:「ああ、そうだ。
今日は心の準備が出来ている者たちに向けて、話をしようと思う。
心の準備とは何かということは、ここではあえて言わない。
それは自分の魂に聞けば分かることだ。
準備が出来た者たちは、ちゃんと分かるようになっている。

おまえたちが待ち望んでいる出来事は、もう間もなく行われる。
これを読んでいる者は、それがいつ起きるのかは必ず分かる。
自分がもうすぐだということは、魂では分かっている。
そのために今は何より、与えられた生活を大切にして、余計なことはせずにいて欲しい。ただ己の魂に沿い、光へ向かって淡々と生きることだ。

ここで余計なことをすれば、すぐに囚われてしまう。
囚われると元に戻れなくなる。
せっかくここまで光の道を歩んできたのに、たった一つの余計なことが原因で、すべて水の泡になる。
それだけは、なんとしても避けて欲しい。」

私:「これを読んで理解できない人もいるだろうけれど、準備の出来ている人たちには何のことを言っているのか、必ず分かるんだろうね。
同じ事を私も光の会で、伝えているよ。
余計なことをしない、今の生活を大切にする、ことは何度も何度も伝えている。」

蔵之介:「ああ、そうだ。『余計なこと』の意味が分からない者もいるだろうが、要するに与えられた仕事や役割をこなし、それ以外のことはやらないことだ。
家族や友人知人と仲良くし、日々喜びを持って生きることだ。
それだけでいいということだ。
それ以外に何かやりたいと思っても、今はやるべき時ではないということ。」

私:「そうだね。自分の出来る範囲を超えてまで、やってはならないということだよね。
今自分の出来る範囲を超えてやれば、必ずよからぬものが引き寄せられてくる。
ちょっとでもスキがあれば狙おうと思っているものがいるから、よくよく気をつけなければならないね。

光に生きている人は存在しているだけで、人々に光を分け与えているんだし、それが家族であっても友人知人であっても、それだけで十分だということ。
多くの人に光を分け与えようと思ってしまうと、途端に自分が出来る範囲を超えてしまい、それがストレスとなりスキができ、そこから喜んで闇が入ってくる。
それは絶対に避けて欲しいと、光の存在たちは願っているんだよね?」

蔵之介:「ああ、そうだ。
これから別な場所に行こうとしている者たちは、そのままで十分行くことが出来る。
何もしなくても十分、光に生きているからだ。
だから自分の範囲を超えてまで何かをやってしまうと、光でなくなる可能性が高いということだ。
それでは真にもったいない。
行けるものが行けなくなってしまう。そうなると後悔してもしきれないさ。
だから本当に今のままで、しっかりと光に向き続けてくれさえすればいいんだ。
後は静かに事が起きるのを待てばいい。」

私:「うんうん、私も本当にそう思うよ。
何もしなくてもいいから、ただ淡々と日々を送ってほしい。
それだけで十分周りに光を分け与えているし、光の道に沿っているんだから。」

蔵之介:「最後の総仕上げは、すでに終わっている。
後はおまえが言ったように、淡々とその日を待つだけだ。
待つことも試されていると思っていい。
どれだけ不動の心で、平常心でい続けることが出来るのか、それをまさに今試されているところだ。
そのことを強く伝えたかった。
伝えることで、意識できるからだ。」

私:「うん、蔵之介が伝えたいことは、しっかりと心に響き、受け取られると信じている。
今日もありがとう、蔵之介!」





ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。