プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「蔵之介、ブログを更新しようと思いながら、いつのまにか年があけてしまったよ~。いつもながら申し訳ない!蔵之介ファンの人たちが、今か今かと待ちわびているのを、ひしひしと感じるよ。」

蔵之介:「ああ、おまえにとってはいつものことだからな。俺はちゃんとおまえのそばにいて、おまえを支えている。
おまえがこうやって俺と向き合い、書きとめようとしない限りは、更新は出来ないからな。ようやくその時間が取れたということだよ。
年が明けてから、おまえは忙しかったんじゃないか?」

私:「うん、そうだね。龍をたくさん見てからというもの、自分の周りでシンクロ現象がよく起きるようになり、今朝もパッと布団の中で目を覚ましたら、デジタル時計が「444」(この瞬間、何千もの天使があなたを囲み、愛し、サポートしてくれていますという意味)だったから、飛び起きそうになった!」

蔵之介:「ああ、俺も見ていたよ。おまえ、本当に目が飛び出そうだったよな!あの驚いた顔は忘れられないな~。
おまえは伊勢に行き、天照大御神からエネルギーを受け取ってから、さらにエネルギーが強くなっている。それを先日の光の会で感じただろ?
おまえの変化は俺も見てきたが、本当にめまぐるしいものがあるな。まあ、それだけ変化を求められているということだからな。」

私:「そうなんだよね~。エネルギーが変化したことは、自分でも感じている。それにさらに感覚が敏感になって、いろんなことを感じるようになってる。どこまでいけばいいのだろう?と本気で思うよ。
私の話はこのくらいにして、新しい年が明けて初めての更新だから、今日の話をお願いします。」

と、ここでまた何日か日が過ぎてしまいました。ごめんなさい!

蔵之介:「さて、ようやく俺が話す時がやってきたようだな。
おまえも感じているように、新しい年が明けて、新たなエネルギーがどんどん入ってくるようになっている。
それを受けて新しいことを始める者がいたり、スピリチュアルに目覚め、そちらの方向へ行こうとしている者がいたり、自分は魂ということを理解する者たちが出てきている。

いわゆる『目覚めの時』が、一気にやってきたような感じだ。
これまではその時は細々とやってきていたが、これからは一気に、そして気づいた者には怒涛の波がやってくるようになっている。
それも神のシナリオの通りだ。

目覚めた者たちは、本当に大切なものは何か、自分が本当は魂で肉体の自分は仮の姿であることを知り、ああやっぱりと思っている。
そして今後どうやって生きることが、魂と結びつくことになるのかを知ろうとしている。それがおおまかな流れだ。
いわゆる『スピリチュアル革命』と呼んでもいいくらいの流れだな。
『本質の自分に向かう時』だ。そのための方法もさっき、おまえはマリアから受け取っただろ?」

私:「うん、その通り。さきほどマリアさまから、こうすればより光り輝く事が出来ますよというメッセージを受け取ったばかり。
なるほどなあと思ったよ。私が最近感じていることとリンクしていた。」

蔵之介:「ああ、それをより多くの者たちが実践することを、マリアは望んでいる。
これから先は言い方は悪いが『目覚めた者勝ち』になる。
一旦目覚めると一気に光がやってくるようになるから、目覚めた者にとっては驚きの連続になるだろうな。」

私:「でも一方では、目覚めた人たちに、何らかの変化が起きている気がしているんだ。
目覚めても停滞しているとか、良い方向に行っていたのに、こちらから見れば後退しているように見える人たちもいるよ。」

蔵之介:「ああ、そうだな。目覚めが起きている反面、目覚めてもそこから先に進めない者たちもいる。それは事実だ。
それはなぜか?とおまえは聞きたいんだろ?

それはな、目覚めるまでのサポートはものすごくやってくるが、目覚めた後はその者に任せられるんだ。
目覚めるとその後光を維持するのは、目覚めた本人にかかっているということさ。
だから停滞しているように見えたり、後退しているように見える。
それはその者の責任ということさ。

目覚めた後、どうやって光にい続けるのかは、その者に任せられ、俺たちは見守ることが多くなる。
そこまで俺たちが手伝うと、その者の学びや成長にはならないからな。
光に生き続けることは、簡単なようで難しいんだ。
それはおまえもよく分かるだろ?」

私:「うん、よく分かるよ。
せっかく光に目覚めたのに、自らのエゴで後退してしまったり、そのままでいいと言われているのに、いろんなことやっていろんなエネルギー受け取って停滞したり・・・本人たちは光にいようとしているのだろうけど、なぜか『それ、違ってない?』と思うような行動を取ったりしている。
違うと言っても聞く耳持たないし、本人の選択だからなあと思って、こちらは見守るしかないなあと思うこともあるよ。」

蔵之介:「ああ、その通りさ。どうやって光にい続けるのかは、その者に任せられているから、おかしくなる者もいるし、しっかりと光にい続けられる者もいる。
それは俺たちには、どうしようも出来ないからな。
本人が気づくのを待つしかない。」

私:「そうだよね~。目覚めた後が問題なんだよね。
自分が光に沿っているのかどうかは、自分の感覚や行動に気をつけていれば、必ず気づけるものだと思うよ。
『光の会』に来て、チェックするという方法もあると思うし。」

蔵之介:「『光の会』はそういう意味では、光にい続けているのかどうかの、チェック機能を持っていると言えるな。
そこで自分の思いに、気づくことが出来るだろう。

とにかく大事なのは、『目覚めた後』だ。
目覚めて光を受け取った後、いかにそれを持続させることが出来るかだ。
目覚めた者にはそれを、肝に銘じて欲しいな。」

私:「うん、そうだね。どうもありがとう、蔵之介!」


もう一つのブログもやってます
「光の道を歩む」

HPはこちらです
「ヒーリング相談~四天界静香~」





ランキングに参加しています。クリックをお願いします
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。