プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
蔵之介:「今日のおまえは淡々とよくやったな。
俺たちはおまえをサポートしていたが、おまえが揺さぶられれば、俺たちの力は届かなくなる。
だからおまえが淡々としていることで、俺たちのサポートは100%入ることが出来た。
おまえが淡々としていたから、他の参加者たちも安心して身を任せることが出来た。
これまでのおまえの鍛錬の、たまものだな。」

私:「それはどうもありがとう。
淡々としていなければ、即入られることは分かっているから、淡々とせざるを得ないんだ。私がぶれれば他の人たちに大きな迷惑がかかるから、それだけは避けなければならない、それだけはいつも強く思っている。」

蔵之介:「ああ、そうだな。
おまえがぶれれば、おまえとつながっている者たちも即ぶれることになる。
だからおまえのぶれられないという使命感は、俺たちも舌を巻くほど強烈だよ。
けれどそれが執着になっていないところが、おまえのいいところだ。

今日の体験をしていない者たちは、何のことやらさっぱり分からないだろうが、今日おまえが行ったことは、誰もなしえないことで、奇跡と言っていいほどのことだ。
それはとても危険なかけだったが、俺たちはおまえが必ずやってみせると信じていたから、おまえを信頼して任せることが出来た。」

私:「そうだよね。『かけ』か~。
一方で光を体験しながら、一方で闇の除霊をしたんだからね。
しかも同じ部屋の狭い空間でそれを行った。
こんなこと誰もしないだろうなあと思いながら、感覚に任せてやってみた。」

蔵之介:「ああ、そして見事にやってのけた。
同じ部屋にいて同じ事を体験しているのに、一方は光をしっかりと体験し、一方では光なぞどこに行ったかのような体験をしている。
そして光を体験している者たちには、強力なサポートがついていた。

自分がどこにいるのかで、体験するものが全く違うということだ。
同じものを見ていても、見る場所が違えば、全く違うものを見ることになる。
自分がどこに立っているのかということは、とても大切なことだ。
同じ場所にいても自分の立ち位置で、見せられるものは全く違ってくる。
それをおまえは今日、しっかりと見せられた。」

私:「うん、そうだね。ホントにしっかりと見せられた。
でもそれで終わりではないことは、充分に分かっている。
むしろこれからがスタートだってこともね。」

蔵之介:「ああ、そうだな。
どちらにしてもそれを選択したのは、自分ということさ。
自分がそれを選択して、光に向かうだけなんだよな。

光から離れても、ちょっと寄り道します、ちょっと遠回りしますという選択をしたと思えば、そこでも学ぼうという気になるんじゃないかな?
どこにいても学びは必ずあるからな。

だから誰が何を選択しても、それはそいつの自由意志として大いに尊重してやることだ。そいつの代わりに、おまえがやれるものでもないしな。
そいつが自分で選択して、自分でやらなければならない。分かるよな?」

私:「うん、分かるよ。私たちはそれを受け入れて、見守るしかないということだよね。
誰も代わりになることは出来ないし、代わることはやってはいけないことだからね。」

蔵之介:「その通り。だからといって同情することはやってはならない。
同情すれば即、同じ道をたどることになるからな。
同情せず、やはり淡々としていなければならない。
見守りつつ、自分の身を引き締めることだ。」

私:「うん、そうだよね。しっかりと見守ります。」





ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。