プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
蔵之介:「おまえの最近の変化はめまぐるしいな。だんだん本来のおまえに戻っていっている感じだな。
魔法も普通に使えるようになっているし、願えばそれが出来るだろ?」

私:「うん、そうだね。
魔法を使うために、手を動かしたり何らかの儀式をすることは、違うような気がしているよ。
そんなことしなくてもただ心で願えば、それが叶うようになっているし、それが本当の魔法だと思っている。」

蔵之介:「ああ、そうだな。魔法とはそんなものだ。
おまえはこれまでの常識、いわゆる3次元の常識と言われるものを、いろいろと破壊してきているからな。
破壊とは言い過ぎかもしれないが、スピリチュアルの常識というものは、おまえには通用しない。
なぜならおまえは本物を知っているから。
本当のスピリチュアルを知っているからだ。
他の者たちはそれを知らないために、やれ儀式だ、やれああしろ、こうしろと今だに人々を洗脳しようとしている。
それをおまえは違うと感じて、自分が信じる道を行っている。」

私:「そうだね。
そんなこと全く必要ないと、自分の体験を通して分かっているからだと思うよ。
そんなことしなくても光とは常につながっているわけだし、思うだけで叶えられることは体験済みだし、必要なのは自分の思いだけ。」

蔵之介:「ああ、そうだな。
最近おまえの仲間が闇に囚われたな。
そのこともおまえは淡々と受け止めている。」

私:「もう何度、そんな人たちを見てきたか。
もう何度その都度悲しんだり、悔しい思いをしてきたことか。
何度もそんな目にあっているから、今はもう淡々とするしかないという気持ちになっている。
自分がそこで感情を揺さぶられたら、簡単に入られることは分かっているから。

でも残念な気持ちはあるよ。
どうして?という思いもあるよ。
でもそれも仕方のないこと、大きなとらえ方をすれば、それも本人の選択ということだからね。」

蔵之介:「ああ、結局そういうことだよな。
どれほど光とつながっていて、人々のために貢献してきた者も、一旦闇が入れば、それは全く光ではなくなる。
そういう者は、自分がおかしくなったことに気づきにくい。
なぜなら以前は光とつながり、彼らとコンタクトを取っているからだ。

自分にやってきているものは光だと思い込んでいるから、何となくおかしいと思っても自分は大丈夫という過信が、どんどん深みにはまらせていく。
メッセージを受け取るサインというものがその者、その者によってあるだろう。
おまえの場合は涙が出そうになるとか、輝きを見るとかだな。
そのサインに常に気をつけ、あやしい場合は問いただすことがどれほど大切なことか、おまえはそれをよく分かっている。
いつも気をつけていれば、ほんの少しの違和感もキャッチ出来るようになる。

けれど今回闇に入った者は、そこを忘れていたんだろうな。
そしておまえが指摘するように、その者は闇に対する知識がなかった。
闇がどうやって人を惑わし、ずる賢く狡猾に仕掛けてくるのかを全く知ろうとせず、そして闇に入ってからどうやって抜け出せばいいのかも、全く知らないということだった。
それは致命的だ。

だからその者は見事に騙され、今も闇の思い通りに動かされている。
何でも浄化、調整と言われ、その通りに光ではないエネルギーを、どんどん出し続けている。
俺から見れば、その者は闇の手先となって、闇のエネルギーを振りまいているように見えるぞ。」

私:「ホントにその通りだよ。
闇に対する知識を持っていないと、ここまで操られるのかという見本のようになってるよ。

ハリー・ポッターにも「闇に対する防衛術」という授業があるくらいなんだもの。
彼らは魔法使いだけど、ちゃんと闇に関することを学ばなければならない。
彼らだって最初は無知なんだよね。
だから必ず学ばなければ、闇に対抗することは出来ない。」

蔵之介:「ああ、確かにそうだな。
やはりある程度の知識というものは必要だよ。
その者はおまえからその知識を学ぶことが出来たはずだが、それをしなかった。
実に残念なことだ。」

私:「私はその人にちゃんと、闇があるということは伝えたよ。
だけどそれ以上の話にはならなかった。
何となく右から左に流された感じがあったから、ああ、闇のことを言ってもこの人は受け取らないと思ったんだ。
それもその人の選択だからね。」

蔵之介:「まあ、後は本人に任せるしかないな。おまえとその者とは、大きな大きな隔たりが出来た。世の中の大半はそちらの方が多いからな。」

私:「そうやって闇に落ちて行く人たちを見せられることも、私の学びになっているし、私も気をつけなければという思いが、新たに出てくる。
自分のことのように思えるし、ちょっとでも気を抜けば、その人と同じ道をたどることになることは、肝に銘じているよ。」

蔵之介:「ああ、そうだな。人のふり見て我がふり直せ、とはよく言ったものさ。何でも自分の学びにすれば、それは必ず自分の力になる。」

私:「うん、そうだね。今回も良い経験をしたし、しっかりと私の学びになったよ。だからありがたいと思う。この経験を大切にしたいと思うよ。
ありがとう、蔵之介!」





ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。