プロフィール

四天界 静香

Author:四天界 静香
天使を始めとする光の存在たちとコンタクトを取り、メッセージを受け取ったり、ビジョンで見せられたことを、ブログで公開しています。

「天使のヒーリング相談 四天界 静香」(http://www.rak2.jp/hp/user/virl17jp/)

ブログ「光の道を歩む」(http://ameblo.jp/ryujin-angel/)

著書:

1「天使からのメッセージ」あなたは天使といつもつながっている(文芸社)
2「きらめく地球へ」天使からのメッセージ2(文芸社)
3「アセンション 光に生きる」(アーバンプロ出版センター)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スピリチュアル
私:「蔵之介、ブログに書くことある?」

蔵之介:「ああ、あるよ。山のようにある。おまえが準備さえできれば、いつだって俺は用意している。」

私:「あ~、そうなのね!いつも待たせてごめんなさい。それではお願いします。」

蔵之介:「それでは今日は俺たちがいつも残念に思うことについて、話をしよう。」

私:「残念に思うこと?それは何?」

蔵之介:「俺たちはおまえたち人間を、いつも見ている。いや見ているというより見守っていると言ったほうが適切な表現だな。
俺たちはいつも人間のそばにいて、人間が自分の決めてきた道を歩めるよう、見守り時には導いている。
人間が決めてきた道というのは、今世でこれだけはやりたいと思うこと、すなわちカルマを解消することや、課題をクリアすることだ。
人にはそれぞれやるべきことがあって、それをやれるよう、俺たちがおまえたちを導くこともある。

おまえがずっと、自分にはやることがあるのではないかと、思い続けたことがそのいい例だ。
おまえは何かやることがあるけれど、それが何かということがずっと分からずにいた。それを見つけたいとずっと思っていた。
そしてある時、何かやるべきことがあるのなら、それをやりますから教えてくださいと、心から祈ったことがあるだろう?
その祈りに俺たちが答えたということだ。
おまえがやることは、人を光へ導くことだ。それを俺たちは何とか気づいて欲しくて、おまえに働きかけていた。おまえが祈ることにより、俺たちはおまえにしっかりと働きかけることが出来た。

俺が残念に思うことは、俺たちの働きかけを、人間がもっとスムーズにしてくれたらということだ。
人間の側に俺たちを受入れ、俺たちに耳を傾けることを、もっとやって欲しいということだ。
おまえたちは3次元という世に生きている。
3次元というのはやっかいな世で、いろんなことをやらなければ、生きていけないような仕組みになっている。
そしてそれさえやれば、生きていくことが出来る世でもある。
いろんなことというのは、生きていくための手段=快適な住居の確保、満足にお腹を満たすこと、外に出歩くことの出来る衣類の確保など、やるべきことが山のようにあって、それだけをこなすことで精一杯の者たちがたくさんいる。
一日を生きることで、精一杯な者たちがたくさんいるということだ。
何のためにこの世に生まれてきたのかといことも、ちらっと頭をかすめるだけで、そんなこと考えるより、今を生きることに懸命になっている。
まるでこの世が、自分の本当の世界のように思っている。

けれどそれは違う。この世は仮の世だ。本当の世界は別にある。
それを知らない者が多くて、この世がすべてだと思っているから、おかしなことになる。
この世がすべてで、死んだら終わりだと思っている者たちにとって、この世で生きること、生き延びることだけが大切になり、他のことは後回しになるか、まったく考えなくなるかのどちらかだ。
だから俺たちがそばにいることなんて、まったく気づきもしない。
俺たちが人間を守っていることや、導いていることなど、意にも介さずにいる。
それが実にもったいなく、残念なことなんだ。

俺たちはもっと、俺たちを活用して欲しいと思っている、いや願っているといっていい。
俺たちは人間の力になりたくて、そばにいる。
人間が人間の生をまっとうするまで、いやまっとうしてからもそばにいる。
この世で死んでから初めて、俺たちの存在に気づく者が、本当に多いんだ。
そこで気づいても、人生を棒にふったようなものだ。
俺たちの存在に気づき、俺たちを活用すれば、何倍も充実した人生を生きることが出来る。

いいかい、俺たちは人間のために存在しているようなものだ。
地球にいるおまえたちのためにやってきて、おまえたちが道を踏み外さないよう見守っている、親のような存在なんだ。
俺たちは何とかしておまえたちに気づいてもらおうと、様々な試みをしている。
おまえたちがよく言う、「サイン」というやつを絶えず送っているんだ。
俺たちの存在に気づかなくても、俺たちが送る「サイン」には気づいて欲しい。
それがおまえたちを導くものとなる。

サインに気づけば、百人力だ。おまえは見方を何百人も従えたことと同じになる。
現におまえには、数え切れないほどの存在たちがついている。
俺を始めとして、おまえの光に引き寄せられ、おまえを助けたい、おまえをサポートしたいとやってくる存在たちが後を絶たない。
おまえは俺たちに感謝してくれるから、ますます光の存在たちが、おまえのそばに来たがるんだ。
中には必要のないものまでやってくるから、俺はその整理も任されているから、結構大変なんだよ。」

私:「へえ~、そんなことまったく知らなかった。必要のない存在って、ただ単に物見遊山的な感じでやってくるのかしら?」

蔵之介:「ああ、そんな感じだ。四天界静香ってのは、どんな奴なんだ?一つ見てやろうというものたちも、中にはいるよ。
他に守る人間がいるのに、わざわざおまえのところに来るものたちもいる。
まあそんな奴はお前を見て、すぐにいなくなるけどな。

それは余談として、そんな感じで俺たちは人間のそばにいて、常に守り導いているということを分かって欲しい。そしていろんな方法で、人間にサインを伝えている。それを活用しない手はないよ。
サインというのは、人が見て何も感じないことでも、おまえが見てハッとすること。
いわゆる第六感というやつだ。
ピンとくることは、大抵俺たちからのサインだよ。
それに従うことで、良い方向へ行くことが出来るようになる。
インスピレーションもそうだ。
よく「天から降って来る」と言うだろ?あれも俺たちがやっていることだ。
それを活用すれば、運も開けてくるし、良いスパイラルの中に入ることが出来る。
俺たちはついている人間に少しでも、良い方向へ進んで欲しいと願っているんだ。
俺たちを見方につければ、サインはどんどんやってくるようになるし、必ず光へ導かれる。
だから是非俺たちを信頼し、活用して欲しい。それが今日伝えたいことだ。」

私:「ありがとう、蔵之介。私も天使を始め、光の存在たちに気づくことで、恩恵を受けたから、他の人にも是非そうして欲しいと思う。」

蔵之介:「おまえのように俺たちを身近に感じてくれれば、俺たちは喜んで姿を現すし、話も出来るようになる。どんどんサインを感じて、俺たちを活用して欲しい。」

私:「そうだね、光の存在たちを信頼し、つながることで、あなた方を身近に感じるし、守られていると実感できるよ。
そうなれば、自分は一人ではないと、心から安心できる。
私は今その安心感を、日々かみしめているよ。
今日はありがとう。」





ランキングに参加しています。共感していただけたら、クリックをお願いします。

コメント

ありがとうございます

毎回、蔵之介さんの言葉を噛み締めながら読ませていただいています。
毎回いろいろな気付きをいただきおふたりに心から感謝いたします。
今日は読みながら最近考えていることを考えていたら
スッと言葉が浮かんできて、とても腑に落ちてスッキリしてきました。
そうなんですね!
これからもっと気づけるよう自分をしっかり保ちます。
ありがとうございます。

祈り

生きていくための衣食住や子育てなど、日々やらなければならないことがいっぱいあるなか、自分が本当にやるべきことは他に何かある気がしていました。

今回のブログで、以前は静香さんもそうだったことを知り、みんな最初は同じなんだなぁ、と思いました。

光の存在たちに祈ること。私もやってみようと思います♪

もし、私に準備ができていたら、サインが届くかな。
もしかしたら、もうサインがきてるのかもなぁ。

蔵之介さんの願いが叶い、すべての人が光の存在とつながることができたら、本当に素晴らしいことですね。

いつもありがとうございます♪

Re: ありがとうございます

ねこ太郎さん

気づけるということは、ねこ太郎さんがいつも心のアンテナをはっているからだと思います。
蔵之介の言葉を、自分のこととして受け止め、感謝していることが、気づきをもたらしていると思います。

すばらしいですね!


Re: 祈り

みきたろうさん

もうすでに、サインは届いていると思いますよ!
私の場合は、連続して見る夢占いで縁起の良いといわれる夢を見続けたり、なぜかわからないけれど、とても天使や妖精が気になり、それらに関連する本を読んでいました。

祈りの力は偉大です。人が思っている以上の力を持っています。
自分を信じて、サインを受け取ってください。



はじめまして 静香さん
今日こちらのブログを初めて拝見し
この記事を読ませていただき 安心しました。

ここ最近。考えていた事 感じていた事の答えが
ここ有ったからです。

光はとても優しく私の周りに存在し
私がそれを疑う時 それを感じる力が弱くなる

全ては自分次第…心を開き 祈り 行動する事

自分の選んだ事を信じる勇気を頂きました。
静香さんと、ここへ導いてくれた光に感謝します。
ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 蔵之介からの贈り物 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。